夏の赤ちゃんのおむつかぶれに、お尻行水!お尻ケアをプラスで、かぶれも防げます

 赤ちゃんの場合は、汗っかきな上に、とりわけ肌が弱いので、夏の汗のダメージは深刻です。

 そこで、外出や寝起きの汗びっしょりでの行水をぜひ試してみてください。

 その他に、赤ちゃんの時には試してみてほしいのが、お尻行水です。

 名称未設定----8- 1.jpg

  絵のような、少し口径の広い洗面器があればすぐ出来ます。

 お尻を洗うので、100均ストアで専用に買って来てはどうでしょうか。

 お尻やまたの間が、なんだか赤くなってきたなー・・・とか

 お尻を拭くと泣く

 以前より赤くてブヨブヨしている

 などは、お尻やおまたのかぶれが始まっているサインです。

 そんなときは、洗面器のぬるま湯にお尻だけを入れて、おまた全体を軽く手でなでるだけでOK 

後は、しっかりとタオルで水分を押さえ(← ここ大事です。こすって拭いてはいけません)て取り、おむつをつけます。

 かぶれを治すには、乾かすことが大切なので、すぐにおむつをせず、おしめなどを軽く当てて、しばらく放置するのもいいと思います。

 名称未設定-5- 1.jpg

 最後に、

 子供が吸い込まないよう気をつけながら、汗が貯まるところや、じめじめする箇所にシッカロールパウダーをつけるのも効果的です。

 

 赤ちゃんの柔らかいウンチは、毎回ふき取ってキレイにしていても、少し塩分が肌に残りますし

 お尻やまたの間、玉たまの後ろなどに、おしっこの成分が触れて残っています。

 通常なら、なんともない子が多いのですが、特に敏感な肌の子は、その程度で 赤くなってしまうんです。

 そんな時に、特別ケアのお尻洗いが効果的 

 かぶれが酷くなる前に お尻を洗ってスッキリさせれば、薬を塗らなくても治せるかもよ。

 試してみてね。


 

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

●チュビファーストでの手当について、こちらで詳しく載せています


サイズがいくつかあります。緑、青、黄色の順に、包帯が太くなってゆきます。乳幼児の手足なら緑、それ以上の体格なら青を手足に使うのが目安です。青箱が大きめで、使い回しがきくため、一番人気があるようです。これらは、一個から気軽に送料無料で試せますよ。黄色はさらに太くなるため、子供の胴体用にも使えます。伸縮性はありますが、あまりきついサイズにならないよう、選んでくださいね。



"夏の赤ちゃんのおむつかぶれに、お尻行水!お尻ケアをプラスで、かぶれも防げます" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。