湿気の季節は、寝具にカビも・・・赤ちゃんには、通気性のよいベビーベッドを!

 邪魔になるのに、なぜベビーベッドなのかの続編です。

 前回、床のホコリを多く吸い込むので、鼻炎や咳の原因になり、ハウスダストに敏感になってしまうかもという話を載せました。

 次に気にして欲しいのは、湿気です。

 a0726_000165.jpg

 床に布団を直接敷けば、通常でも寝るたびに湿気が貯まります。

 だけど、赤ちゃんの場合は、ほぼ一日中寝ているから、そのまま敷きっ放しになりやすいです。

IMG_8242.JPG

 おまけに

 赤ちゃんは汗腺も密集していて汗っかきですので、大量の湿気が布団の下に貯まってしまう訳です。

 すると、布団の下に黒い斑点がポツポツ出たり、酷いときには畳やフローリングにもシミがでます。

 それ・・・カビですから 

 すると、カビから出る胞子を、知らないうちに吸い続けることになってしまいます。

 また、布団の中に湿気が貯まれば、ダニも繁殖しやすくなりますヨ。

 だから、ベビーベッド  

IMG_8238.JPG ファルスカ ミニジョイントベッド

これは すのこ式です。床から寝具を離せば、湿気を防いでくれますよ。

 それでも、ときどきはベビー布団を干したり、布団乾燥機に掛けて乾燥させてくださいね。

 ちなみに、いくら コップをかけても、湿気があればカビは増え続けるだけで無駄です。

 まだ 全く寝返りも打たない時期なら、応急処置として 衣装ケースの上に、すのこをのせ、その上に寝具を敷いてから 赤ちゃんを寝かせてもいいかも。

 ただし、転落事故も怖いので、そこはご自身で判断してくださいね。

 理由の三に続きます

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


左は、アマゾンで一番人気のベビーベットです。ベッドはかさばるものですが、コンパクトに折りたためたり、ベビーヤードとしてもつかえるのが、人気の秘密です。中央は、大人の別途のワキに、同じ高さでセットできて、添い寝が出来るタイプのベット゛です。右二つは、簡単組み立てのファスカサイズ違いです。



"湿気の季節は、寝具にカビも・・・赤ちゃんには、通気性のよいベビーベッドを!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。