「おやつ=甘い物」と考えないでね。アトピーっ子は、おにぎりも、おやつに!

 食べる物に制限があると、おやつに困ると言うママは多いのではないかと思います。

 かつて、私もそうでした。

 スナックが食べられない、ビスケットが食べられない、チョコもダメだしアイスもダメだから、一体何を食べさせようか・・・ もうやだ〜(悲しい顔)

 でもね、

 いつもいつも、甘い食べ物を食べさせるのが、おやつと言う考えるのを、そろそろ変えてみませんか?

 0-257 (1).JPG

 以前、アトピーサークルで知り合った方のところへおじゃました時のことです。

 隣に見える台所のテーブルには、ラップをかけて皿にのせたおにぎりが置かれていました。

 「あれは?」と、尋ねると、

 「3時のおやつなの」と返事が帰ってきて、私は はっとさせられました。

 なぜなら

 当時の私には、 「甘い物=おやつ」と言う感覚しかなかったからです。

 だから、おにぎりがおやつとして用意されている事に、心底 驚いてしまったのです。

 でも、

 幼い頃から、おにぎりもおやつとして出ているお宅なら、お子さんはすんなりと、それをおやつの一つとして受け止められることでしょう。

 
z-2008-10-IMGP33111.jpg


 あとから知ったことですが、子供におやつを食べさせると言う感覚は、第二次世界大戦以降のことなのだそうです。

 それまでは、ふかし芋やおにぎり、果物のような、手軽に食べられて小腹を満たせるものを、食間に大人と一緒に食べていただけみたいですよ。 コンビニもスーパーもなかったですからね目

 確かに

 肥満や虫歯のことを考えたら、甘い食べ物が、栄養的におにぎりより価値が高いと言うこともないですよね。

 そこで、おにぎり


 食べられる甘い食べ物を探して、せっせと子供に食べさせなくてもいいんですよ

 手作りおやつや 手作りパンを毎回焼かなくても、決して子育ての手抜きじゃないんです。

 だって 

 例え 簡単に作れても、

 親がにぎってくれる おにぎりは、子供にとっては、特別の味だから 
 

 アトピーっ子の子育てでは、発想の転換って、とっても大切です。

 アトピーっ子として生まれてきた我が子に、負い目を感じて、時間や手間をかけて子育てすることに夢中になっていませんか?

 罪滅ぼしのように、手作りおやつを作らなくても、子供の喜ぶ顔は見れますよ。

 もっと子育てを楽しんでくださいね。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 梅酢を手につけておにぎりを握ると、梅の風味でまたこれがおいしいんです。煮物の仕上げに少し足すのもおいしい♪人気の「粟国の塩」♪いい塩でにぎると、塩握りもまたおいしい。いんやんの梅とレンコンのエキスです。お湯で薄めて飲んで健康飲料に。レンコンは、咳にも。アマゾンだと一品から、送料無料です。



 

"「おやつ=甘い物」と考えないでね。アトピーっ子は、おにぎりも、おやつに!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。