"アトピーっ子との生活を楽しもうね"の記事一覧

アトピーによる食事制限が厳しかった頃、ハッピーセットは恨めしかった

「じゃじゃ~ん、スポンジ・ボブだよ」 と、言った後で、ほっぺたが赤くピカピカ光る、これ右斜め下                  今回のマクドナルドの景品は、大好きなアニメのキャラクター スポンジ・ボブ  ボブ好きのうちの子が、わざわざハッピーセットを食べて手に入れてきました。  マクドナルドも、次から次へと、いろんなキ…

続きを読むread more

アトピーっ子の七五三では、「ちとせあめ」対策も必要かも?

 先日から、アトピーっ子と七五三について載せてきましたが、もう一つ気にしておきたいことがあります。  それが千歳あめです。  幼いアトピーっ子は、卵や牛乳でアレルギーを起こす子が多いですが、千歳あめの主成分に乳製品を含むあめが出されることもあるので、どうぞご用心を!  我が家の初めての七五三では、お参りした神社で神職さ…

続きを読むread more

七五三のお祝いで用意する食べ物もアトピーっ子には悩みの種です

 アトピーっ子と祝う七五三で気をつけたい「ヘア&メイク」、「衣装の選び方」を続けて載せてきましたが、一番トラブルが多くて、親のストレスになるもの、それが七五三のお祝いとして用意する食べ物ではないでしょうか。  やはり、一番最初にお披露目する3歳の時には、親もジジババも ものすごく力が入ります。  衣装もそうですが、豪華な食事…

続きを読むread more

七五三では、アトピーっ子は衣装にも気をつけて!

 アトピーがあってもトラブルなく過ごしたい七五三について、三回に分けて載せています。  今回は衣装について。  着物と洋服とどちらもありだと思うのですが、洋服の場合は素材が綿以外の場合がほとんどですので、敏感なお肌へのトラブル予防対策として、必ず下着をしっかりと着せた上から衣装を着せてあげて下さいね。  お子さんの状態…

続きを読むread more

アトピーっ子と楽しく秋の行楽地へお出かけ♪

 やっと野外が快適な気候になりました。こんな秋の休日は、幼いお子さんと一緒に、野山や遊園地にお出かけしたくなりますね。黒ハート  でも  私にも、食事な制限があるアトピーでしんどかった頃、外出が苦痛でたまらなかった時期がありました。  いちいち、食べる物や飲み物を用意して出かけないといけないのが面倒でしたし、遊園地に行けば、…

続きを読むread more

稲刈りのシーズンは、農薬や作業のホコリに気をつけて生活を!

 稲刈りの時期ですね。田んぼに隣接した住宅では農作業の過程で舞い上がる有害物質やホコリに、どうぞお気をつけて!  私も農家に嫁ぐまでは知らなかったのですが、収穫後のもみを乾燥させたり脱穀して、玄米に加工する作業では、大変なホコリが発生します。  出来るだけご近所の迷惑にならないよう、周辺にカバーをかけて行ってはいるのですが、…

続きを読むread more

夏は、早寝早起きでアトピーライフにプラスな生活を!

 とりわけ暑い今の時期に、「早寝早起き生活」を生活の中に取り入れてみませんか?  薄暗いうちから起きて、子供がぐっすり寝ているうちに、まずは、効率よく家事を片づける。  それから、子供を早く起こし、朝ご飯を早く食べ、日射しが強くなる10時前には、外遊びから帰っちゃう。 ・・・なんて感じのプランです。ハートたち(複数ハート)

続きを読むread more

アトピーっ子のトイレトレーニング

 だんだん暖かくなってくると、一歳すぎの幼児を抱えるママたちの頭に、春がすみのように、もやもやとかかってくる気がかりなこと。それは・・・ 「そうよ、今の春こそ、おむつを取らなくちゃ!」  ではないでしょうか。わーい(嬉しい顔)  育児雑誌でも、「その時はいま!」とばかりに、あれこれ体験談 が紹介されはじめるので、春から…

続きを読むread more

ママの孤独は、アトピー悪化のきっかけに。母子クラブ等へ参加しませんか?

 もうあと少しで春、新学期です!そして、春は、新しい人間関係を築くチャンスでもあります。  いくら仕事がバリバリ出来るキャリアウーマンであっても、一人目の子供を育てる時は、みんな平等に、育児の新米ママ。  子供は一人ひとり個性が違うし、中でも、お子さんがアトピーと言う個性を持って生まれてしまったら、  一人で何とか…

続きを読むread more

アトピーっ子の体にいいか悪いかを、親が先に試してみるのはおすすめです

 幼いアトピーっ子って、大人にはなんとも感じられない、ほんの少しの刺激で敏感肌がダメージを受けてしまうので、  その子の肌に合っているのかどうか?  が、大人の感覚ではわかりにくいものです。もうやだ〜(悲しい顔)  はじめての子育てでは、いつの間にか肌が赤くなっていていることも多くて、湿疹やかゆみがひどくなってから初めて気づ…

続きを読むread more