"アトピーっ子との生活を楽しもうね"の記事一覧

食事に制限があるアトピーっ子と、大きなテーマパークに行って困ることは

 いよいよ、GWが始まりましたね。  子供のアレルギーで食事の制限がいろいろあった頃は、テーマパークに出かけていっても食べられるものが少なくて困りました。  そこで、おにぎりとかお菓子とかを持って出かけるわけですが  十分に持っていったつもりが、たいていは足りないのです。

続きを読むread more

秋のお泊り研修や遠足で気をつけたいこと

 GWが明けと秋口は、お泊り研修や遠足が多い時期です。  アトビーで食べ物の制限があった頃は、給食でのトラブルも怖かったですが  いつもと違う状況で過ごすわけですから、子供の口に入るものが心配で、心配で・・  子供はウキウキでしたが、親である私は、無事で帰ってこれるかと不安ででした。  そこで、園や学校に…

続きを読むread more

アトピーっ子に寝る前に本の読み聞かせ♪いいこといっぱいっ ^0^/

 幼い子を育てるのは大変です。  しかも  食事に制限があれば、手作りも増えて、アトピーっ子の育児は、よけいに手間がかかります。  だけど、それでも、なけなしの時間を工面して、毎日、寝る前10分の読み聞かせをオススメします    いないいないばぁの本は、赤ちゃんのファースト絵本にもピッタリです  なぜか?…

続きを読むread more

海水のミネラルがお肌にいいっ♪あせもや湿疹に海水浴もいいですよ♪

 子供たちが幼かった頃、海水浴によく出かけていました。    30分ほどで気軽に足を運べるからというのも理由の一つなのですが、単なる行楽ではありません  やっぱり海水って、あせもや湿疹を改善するためにいい・・って思うからです。  気温が上がって汗をかく季節に入ると、体に貯まった汗の刺激で皮膚が悪化する子は多いです…

続きを読むread more

食事制限があるアトピーっ子と過ごす年末年始は、トラブルもいっぱいです >0<

 利用している生協の共同購入チラシに、今年もお正月食品の予約案内が入り始めました。  いよいよ今年も、年末年始のイベントが始まりかぁ~   子供が食事に制限があった頃、  12月に入るとクリスマス一色で、テレビも雑誌も、そして近所のスーパーもレストランも、出かける先の全てで わが子の目と耳をふさいでしまいたい気持ちにな…

続きを読むread more

アトピーで食べ物に制限があると、お誕生日会はきついよね。

 きょうは、私の誕生日です。まっ、この年になると、年齢が増えて嬉しいなんてことないけどね。  そこで、むかしむかし、まだ うちの子たちがアトピーの食事制限で大変だった時のお誕生日会の話を載せたいと思います。  一番上の子の時は、小学校の低学年まで卵と牛乳を制限していました。  だから当然のことながら、幼稚園では市販のケ…

続きを読むread more

アトピーの苦しみやつらさは、親友にも親にも兄弟にもわかってもらえない >0<

 アトピーっ子のわが子を育てていると、日本の平均的な子育てが出来ないことが多いので、大変なストレスを抱えてすごすしているママも多いのではないでしょうか。  先に知っておくと、気分が楽になると思いますが  親友にも親にも兄弟にも、アトピーの苦しみやつらさは、わかってもらえません あせあせ(飛び散る汗) そんな馬鹿な がく〜(落胆した顔)  ・・と思うでしょ…

続きを読むread more

アトピーっ子と楽しむ七五三は、まだまだ衣装やメイクでも、トラブルあるある >0<

 親御さんにとって、わが子の成長を喜ぶ七五三の行事   でもね、前回も書きましたが、はじめてのお祝いである「三」の時には、まだお子さんが幼くて、皮膚も弱いから、いろいろトラブルが起こりやすいです。          食事のことは前回書きましたが、女の子の場合はお化粧をしたり、ヘアメイクも施してもらうことが多いのでは? …

続きを読むread more

アトピーっ子と迎える初めての七五三、トラブルも多いからこんなことに気をつけて! 

 そろそろ七五三はどうしようか・・・と気になっているご家庭も多いのではないでしょうか。  特に ダッシュ(走り出すさま)  初めての七五三は、1歳後半~2歳で迎えるため、まだまだ食物アレルギーで、食事の制限が残っている子もいますし、お肌もまだまだ敏感な時期なので、いろんなトラブルが起こりがちです ふらふら  そこで今回は、アトピーっ子のお子さんや…

続きを読むread more

あせもや湿疹の改善に海水浴も利用してみて!その2

 前回、あせもや湿疹の改善に海水浴がおすすめと書きました。  でも、アトピーっ子って、肌が弱いから、すぐ皮膚に炎症を起こす子でもありますので、いくつか気をつけたいことがあります。  まずは、時間です。  一日の内で、日射しが一番強烈な時間帯は、10~2時頃なので、紫外線の刺激も強くなります。  欲を言えば、海水が…

続きを読むread more