"アトピーっ子との生活"の記事一覧

夏のアトピーっ子には、汗対策が大切です!!

 暑い暑い!まだ5月というのに一気に暑くなってきました  ちょっと動いただけで汗が出て、あっという間に のどの下や膝の後ろが汗で痛がゆくなって来ます  大人の私でさえ こうなのですから、幼いアトピーっ子の肌は、もっともっと汗の刺激にも弱いものです。  だから、親がそんなに汗をかいていなくても、ちょっと汗ばむなぁ、暑いな…

続きを読むread more

さぁGW!でも、食事制限があるお子さんとのお出かけは、用心深く

 いよいよ我が家にもGW到来でお出かけしてきました。  でも、食事制限があるお子さんとのお出かけの場合は、どうぞどうぞ、用心深くお願いします。  と言うのも、例えば、夏日のような日差しも多い今の時期、のどもよく渇いて、子供は普段よりたくさん飲み物を欲しがります。    でも、微量でも乳製品がダメだと、アイスクリー…

続きを読むread more

春は花粉や黄砂・PM2.5の季節!ぜひ、ベビーカーにはカバーをかけて!

 こないだ ものすごい強風の日があったのですが、来てます来てます。。。  先週末に、なにげなく買い物に出たら、10分もしないうちに のどの奥がざらざらに  先週までは 平気だったのに、今週は空気に花粉だか黄砂だか、はたまた、PM2.5だか  アレルギー物質に敏感な人には、違いを感じられる異物が空気に混じってますよ。 や…

続きを読むread more

お正月後に湿疹が悪化するアトピーっ子は多いから、おかゆやお鍋食がおすすめ

 年末年始のイベントが一段落したら、湿疹が増えてきた・・・なんて御家庭も多いんじゃないかと思います。  だって  クリスマスからお正月にかけては、甘い食べ物や油っぽい食べ物を口にする機会が増え  内臓への負担が増えて、腸内環境が悪化している状態です     また  休日が続くと外食やテイクアウトが増え…

続きを読むread more

年末年始は食物アレルギーさんには怖い季節!食べなれない食品に注意を

 年末年始は、食物アレルギーがあるお子さんを持つ親御さんにとって、とても怖い時節だと思います。  特に要注意なのが、生後1歳前後で、  しぐさも ちょうどかわいい時期だし、少し固形物が食べられるようになって、何でも欲しがったりするので  つい・・・およばれの席、じぃじやばぁばに勧められて・・とか  お酒が…

続きを読むread more

葬式や法事で、護摩、線香のにおいが充満!幼い子は、煙には用心してね!

 幼い子供が生まれる頃は、ちょうど代わりで祖父母が亡くなる時期と重なることが多いものです。  そんな濃い身内の方が亡くなったときには、お通夜や葬式に参加することになりますが  長い時間 締め切った室内で、ずっと線香を絶やさずに居ると、室内にはお線香の香りが充満して、だんだんと煙たくなってきます。  こんな時、大…

続きを読むread more

食物アレルギーのわが子が、この春から新入学で、不安でいっぱいな春に

 もうすぐ新入学の一年生が、真新しいランドセルを背に、小学校へと通う春がやってきます。  毎年、ランドセルに逆に背負われているみたいな後姿を ほほえましく見送りながら、  卵と牛乳の食事制限が完全にはずせないまま、初めての子を小学校にやった日々を懐かしく思い出します。  幼い頃に一度でも、わが子がアナフィラキシ…

続きを読むread more

春の外出で、マスクやベビーカーカバー!春は、花粉や黄砂・PM2.5の季節

 お外へのお出かけが嬉しい あたたかな春がそこまで来ていますが  近年の春は花粉や黄砂・PM2.5の季節!  決してアレルギーを持っている大人子供には優しくないのが悲しいです。  そこで、花粉症は薬を飲むことで抑えることができるかもしれませんが、症状が出なければよいわけではありません。  黄砂・PM2.5が体内に…

続きを読むread more

行楽の秋に、動物とのふれあいはNGのお子さんも!よく様子を観察してね

 行楽の季節に、動物園やサファリパークなどにお出かけするというご家族も多いのではないでしょうか  その際に、知っておくといいこととして、動物との接触があります。    動物園の一角には、ふれあいコーナーが設けられている園もありますよね。  やぎやウサギ、アヒル、鶏、モルモットのように、おとなしい動物を触ったりおひ…

続きを読むread more

アレルギー科なら大丈夫か?話を聞かずに薬を出す医師はいやだ NO.1

 アトピーを治してくれる医者を探して、いろんなお医者さんに診てもらいました。  子供のためにと一生懸命でしたので、とにかく医師の前では、よく泣きました  質問したら、厳しく叱責されて泣いたことがあり  医師や看護師の優しい言葉に泣けたこともありました。     子供三人を次々と診てもらう中で、とにかくいろん…

続きを読むread more