"お菓子・おやつ素材"の記事一覧

噛むおやつは、アトピーっ子におすすめ。「噛むカムこんにゃく」おいしかったです♪

 ケンコーコムさんでちょっと珍しい商品をお試し買いしてみました。 それがこちらバッド(下向き矢印) 「噛むカムこんにゃく」のカレー味 るんるん  こんにゃくに味を付けて乾燥させた新感覚のお菓子です ぴかぴか(新しい)    一見、硬そうに見えたのですが、薄っペラいから意外と噛み易く、独特の心地よい弾力があります。  まるで、ガムやするめみたいに、ク…

続きを読むread more

アトピーっ子の秋のおやつに、蒸し栗や焼き栗をどうぞ♪

 アトピーっ子の子育てでは、一般的な市販のお菓子が食べられないことも多いから、そこがストレスになることも多いのですが我が子がアトピーだったからこそ知ることが出来た、おいしい食の世界もありましたよ。  特に夏の終わりから秋までは、       栄養価も高くて、おやつにピッタリな農作物がいっぱい   食欲の秋に、しっかりと旬の…

続きを読むread more

運動会のシーズンには、やっぱりポカリスエットかな

 まだまだ日中は日差しも強いから、運動会練習の子供たちは大変です。  自宅の冷蔵庫には、相変わらず炭酸飲料はなく、自家製の梅ジュースくらいしか 甘い飲み物は置いていないのですが、この時期にちょっと買い置きしておくのが、これ。バッド(下向き矢印)     ポカリスエット 粉末 74g*5包その他スポーツドリンク全部はこちら           …

続きを読むread more

チョコレートが食べられないアトピーっ子は、本当に不幸なのかしら?

きょうは、バレンタインデーですね。チョコレートは乳製品が入っている商品でもありますから、アレルギーがあると食べられなくて つらい・・・と言うご家庭も多いのではないかと思います。  でもね  幼い子供が食物性アレルギーを起こしやすい素材の代表は、卵や牛乳ですが、アレルゲンとして大きくは取り上げられていないものの、たくさん食べ…

続きを読むread more

アトピーっ子に噛むおやつを!しっかり噛むことで、アレルゲンを遠ざけます

 子供がアトピーになって食事に制限がつき、クッキーやスナック菓子などがダメになったら、何をおやつに食べさせたらいいのだろうかと頭を抱えてしまいました。  そんな頃、アトピーサークルで交流があった仲間のお子さんたちが食べていたのは、アレルギー対応のお菓子のほかに、昔ながらのおやつでした。  昔ながらのおやつ?   …

続きを読むread more

食事に制限があるアトピーっ子と、地域の母子クラブ等へ参加してみませんか

 きのう、クリスマスの母子クラブイベントに、ボランティア参加して来ました。この時期の幼児さん向けのイベントの最後では、たいてい どこも 「みんながいい子にしていたから、サンタさんの登場です~!」  の一声で、真っ赤な衣装に身を包んだサンタさんが大きな袋を持って登場し、子供たちの目が輝きます。  今回のプレゼントは、ステ…

続きを読むread more

ケーキの季節はアトピーっ子の親にはつらい季節ですね

 いよいよ12月ですね。クリスマスシーズン。そして、ケーキが町にあふれる時期です。   卵や牛乳の制限があって、ふうふう言いながら子育てをしていた頃の私には、12月も1月も、食べ物に関係するイベントがいっぱいで、やり過ごすのがつらい月でした。  ・・・というのも、12月はじめからは、どこにつれて連れて行っても、クリスマスのイ…

続きを読むread more

アトピーっ子と楽しくお出かけしませんか?

 こちらでは、ちょうど紅葉が見ごろになっています。日中ぽかぽか暖かい、小春日和もある今のうちに、休日は野外へ、一日のんびり遊びに行きたくなりますね。  ところで    私は、うちの子が食事制限があるアトピーでしんどかった頃、外出が苦痛でたまらなかった時期がありました。  いちいち、食べる物や飲み物を用意して出かけない…

続きを読むread more

旬の国産柿が出回るシーズンです。アトピーっ子のおやつにも、どうぞ

 畑に植えてある柿の木に、今年もどっさりと実がなりました。  家族が食べたり、ご近所や親戚におすそ分けるだけで、特に出荷していないのですが、義父の管理が上手なのでしょう、毎年立派な実がなります。  どぉ~ん  ・・・と、こんな感じ     たまたま柿を取った同じ日に、うちの旦那が市販の柿をもらってきま…

続きを読むread more

小麦アレルギーが気になるお子さんに、米粉はおすすめです。

 我が家の朝ごはんは、米だと腹持ちが良いから 揺れるハート と言う理由もあって、たいていは米飯なのですが、ネットのアンケートなどで見る限りでは、パンで済ませているご家庭のほうが、今は多数派のようですね。   ところが、そんな中にあって、注目されているのが、米粉の活用です。  消費量も年々増えているようで、小麦粉の代わりに…

続きを読むread more