"エコで体に優しい日用品"の記事一覧

地元の冬野菜を食べて、元気な冬に!アトピーも改善しますよ!

 いよいよ12月に入りました  寒くなったら、冬野菜の季節ですね。    うちの畑のブロッコリーが、ちょうど旬です。  地元で採れる野菜を食べれば、ビタミンをはじめとする栄養価の残存率も高いからお徳だし  旬の露地物野菜は、温室栽培に比べて、農薬の使用も少なくて済むはずだから、健康にもいいんです。  旬と地元野…

続きを読むread more

キュレルの基礎化粧品のセットや頭皮ケアのサンプルを、大量にプレゼントです♪

 添加物に配慮しながら作られていて、お肌に優しい商品として、敏感肌さんに愛用されている花王のキュレルがモニタープレゼントをやってますよ。  我が家でも、お風呂上りにカユミが出やすいパパが、キュレルのボディローションを使ってますし、    花王 キュレル ローション 220ml  化粧水すらピリピリ浸みる、荒れた肌へ、…

続きを読むread more

ひんやりと夏に冷たい天然の竹シーツ♪こんなメンテナンスに気を付けてね

 薬品でスースー感じる加工をしたり、特殊なジェルや生地を使った 特殊な夏のクール素材の寝具は、通気性が悪かったり、洗いにくかったりします。  そこで、我が家で愛用してきたのが、↙ こんな天然竹のマットでした。     メンテナンスについて、もう少し付け加えておきますと

続きを読むread more

医師との共同開発【薬用入浴剤DRアロマバス】♪カサカサ肌におすすめ!

 これから冬にかけは、空気が乾燥してくるから、もともとドライスキン気味なお子さんは、肌の調子がだんだんと悪くなることが多いです。  そんなときは、お風呂で、一工夫るんるん 入浴剤で、潤いをプラスしてあげてくださいね。    ただし あせあせ(飛び散る汗)  赤ちゃんや幼い子の中には、合成香料や着色料がダメな子もいるので、これらは避けるの…

続きを読むread more

洗濯機の除菌&カビ取りクリーナー「洗濯槽快」!にゃるほどぉ、効いてますよ♪

 乾燥機能が無い洗濯機の場合、洗濯槽の裏の黒かびが、厄介ですよねぇ。  ある程度 汚れが貯まってくると、少しずつはがれて洗濯物に黒いゴミ汚れが付着したりします。  それを防ぐためには、洗濯後に出来るだけ早く中身を取り出し、洗濯機のフタを開けておく  ・・・もう、これだけの一手間で、ずいぶんと違いますよ。  でも、…

続きを読むread more

ベビーや敏感肌さんに優しい、両面ガーゼのタオル♪拭くときは、こすらず押さえて

 案外 見落とされがちなことなのですが、アトピーっ子や敏感肌さんには、タオルの生地選びって大切です。  まず選んで欲しいのは、綿 100%のもの ー(長音記号2)     早く乾いて便利でも、速乾性があるタオルは、たいてい混紡です  綿 100%のタオルに替えても、肌に不快な感じがあるなら、ガーゼのタオルをおすすめします。  …

続きを読むread more

夏のふとん干しは、かゆみが出ないためにも早めに終了!

 夏は一晩寝るだけで、コップ一杯分の汗をかくといわれています。  夜中に目が覚めるような熱帯夜が続くと、確かにおふとんが ぐっしょり汗ばんでしまいますね。  しかも、背中のあたる部分は、特に汗で湿気やすいから、敷きっぱなしだと、ベッドや布団、床に黒かびが出ることも多いですよ。  そこで、布団干し 黒ハート   …

続きを読むread more

ベタベタする肌やあせもにお試しあれ、ベビーパウダーでサラサラ♪

シッカロール、てんかふん(天花粉)、ベビーパウダー、ボディパウダー、タルカムパウダー・・・などなど、いろんな呼ばれ方をしているのですが、どなたも一度は見たことがあるかも  それが、こちら 電話    ひじ・ひざの内側、お尻、首、股など、汗がたまりやすい場所に薄くパタパタとはたいておくだけ。  汗を抑えてさらっと…

続きを読むread more

アトピーの大敵!ダニがふとんに増えた時、どうすればいいか ダニの話 2

 前回、知らないうちにダニに赤ちゃんがかまれているかもという話で、ダニと蚊の発疹の違いについてのせました。  何日も赤く残っていて、触れるとかゆみが何日もぶり返す、 左斜め下 こんな赤い斑点が見つかれば、それはダニかもしれません。        ただし、夏の汗疹(あせも)の斑点も少し似ているので、汗疹が出やすい場所の違いを、…

続きを読むread more

知らないうちにダニに赤ちゃんがかまれているかも>0< ダニのお話 その1

 ダニは、かまれてかゆいだけでなく、アレルギーを引き起こす一因になります。  特に、喘息気味なアトピーっ子は要注意のアレルゲンです ふらふら これからは気温が上がりますので、室内の環境管理が悪いと、あっという間にダニが大繁殖することもあるので、気をつけたいですね。  でも、ダニにかまれると、どうなるの?・・という人もいると…

続きを読むread more