"エコで体に優しい日用品"の記事一覧

レイコップごときでは、ちゃんとチリやダニは取れないのではと、疑っている件

 アレルギーがあると、掃除をちゃんとすることも大切ですが、私、どうもレイコップのような簡易掃除機が本当にダニをとっているのかなぁと、信じられないんです。ふらふら  そもそも、取れているごみについて誤解もあるような気がするので、ちょっと見た目が汚いのですが、我が家の掃除機で吸い取った ごみの写真載せてみますね。  まず、こちら 左斜め下

続きを読むread more

ノンシリコンで、地肌に優しく、オールインワンシャンプーカナロアBBいいですよ

敏感肌の人におすすめな、オールインワンタイプのシャンプーが、思いのほかよかったので、ご紹介しますね。  それが、こちら 左斜め下     La Blue Bottle ラ ブルー ボトル ≪ カナロア B.B ≫ ノンシリコンシャンプー  ¥ 1,350 です。            グッド(上向き矢印)モバイルは、こちら画像から…

続きを読むread more

干すだけでなく、毛布は洗って収納!におい・汚れも、ダニも安心♪

 急に温かくなってきた三月中旬ですが、そろそろ毛布を片付ける季節かしら?  我が家は、必ず水洗いしてから片付けるようにしています。  春の天気は不安定ですので、まずは、前日にお天気をチェックし、晴れの日を狙います!  よさそうなら、早起きして大型コインランドリーへGO!  冬の寝具をいくつかまとめて洗い、ある程度…

続きを読むread more

花粉の季節は、マスクだけでなく、メガネもね

 少し暖かい日が続いたら、もう目がかゆくなったり、鼻がムズムズし始めたりという方が増えてきましたね。  我が家でも、すでに マスク必須 状態です。  うちの子供たちが、小学校に通う頃から、それまで全く花粉症とも無縁で、皮膚もいい調子だったのに、いろんな症状が この時期出るようになりました。    アレルギーって、…

続きを読むread more

アトピーっ子のために、洗剤を変えてゆこう!

 アトピーっ子の赤ちゃんや幼児さんは、皮膚が薄くて敏感だから、ほんのちょっとした日用品の刺激で皮膚炎を起こしたりします。  それが一番わかりやすいのは、衣類を洗う洗剤です。  最近、皮膚が赤くなっていたり、かゆみがよく出るなぁ  と思っていたら、  「そういえば、いただいた洗剤に変えていたわ」😞  …

続きを読むread more

ダニやカビは、アトピーの大敵!冬は、敷きふとんや床の下の黒かびに要注意!

 冬は、日が短く気温も低いため、なかなか布団干しをしても、すっきりしませんね。  でも、ベッドや床にふとんを干さないまま敷きっぱなしにすると、ふとんの裏に黒い斑点=カビが発生しやすくなります。  そこで、起きたらすぐ、イラストのように、背中があった部分を上にして、布団を二つ折りにして、おくといいですよ。     …

続きを読むread more

アトピーっ子の冬の入浴剤、度を越すと、ジンマシンを起こすこともあるので要注意!

 乾燥し&湿疹でダメージを受けている冬のアトピーっ子のお肌を、塩素除去や入浴剤でまろやかにしたお風呂でスキンケア  ・・・の続きのお話です。  実は私、昔とんでもない失敗をしたことがあります。  アトピーにハーブ湯がよいと聞けば、どうしても試してあげたくて、庭にローズマリーを育てて生葉を摘み、たっぷりの量を煮立ててお風呂に入…

続きを読むread more

アトピーっ子の冬のお風呂は、入浴剤で刺激を減らして、もっとまろやかに♪

 冬場には、アトピーっ子の肌の状態が悪くなりがちです。それは、室内の空気が乾燥するなどして、お肌がドライスキンになっているから ふらふら  そんな時には、お肌に優しい入浴で、スキンケアにプラスの工夫を 黒ハート  その一つが、入浴剤です。  入浴剤といえば、色や香りがついた商品を思い浮かべられるのではないかと思います。  で…

続きを読むread more

ノロウイルス対策は、除菌だけじゃないよ!アトピーっ子は手アレにもご注意を!

 ノロウイルスによる集団食中毒で、児童1,000人以上が学校を欠席して大きなニュースとなった浜松市の事件ですが、冬の乳幼児は、ノロだけでなく、ロタウイルスにも感染しやすいので要注意です。  ただ、ウイルスの予防法として、除菌や手洗いばかりが大きく報道されているのですが、アトピーっ子や手アレに悩む方には落とし穴があります。  …

続きを読むread more

インスタントラーメン製品を利用するなら、化学調味料無添加の商品をどうぞ!

 独身の頃に、あまり食べすぎはよくなだろうなぁと思いつつも、よく食べていたのが、インスタントラーメンでした。     でも・・・  子供たちが食物アレルギーになり、卵や乳製品を制限する立場になったら、手が出なくなりました。  例えば、麺には卵や卵由来の卵殻カルシウムなんかが入っている場合があるし、出しには出しで、…

続きを読むread more