"制限対応や自然食品の調味料"の記事一覧

本物志向の調味料でおいしく、安全に食べませんか?

 食事性のアレルギーで制限が付くまでは、我が家には調味料やドレッシング、タレ類などがやたらとたくさんありました。  でも、今は、その当時の1/5くらいしか使っていないんじゃないかなぁ。  と言うのも、制限をきっかけに、調味料類を買う前に、裏の原材料表をみるというクセが付いたからです。  すると、原材料がシンプルでない調…

続きを読むread more

アトピーっ子には、自然塩を使ってみませんか?

 塩には、いろんな種類がありますが、アトピーっ子におすすめなのが、にがりを含む自然塩です。  通常の自然塩(国内で昔ながらの方法で生産される塩)や、再生天然塩(海外から、天日干し海塩や、岩塩をそのまま輸入して、日本で精製した塩)などがありますよ。  一般的によく利用されているサラサラした塩は、化学塩(通称、食塩)が多いんじゃ…

続きを読むread more

ノン大豆調味料から、天然醸造調味料へ切り替えて、より健康に! 

 食事性のアレルギーで、大豆がダメな時は、調味料もノン大豆しょうゆやみそを利用することになります。  ただ、大豆のアレルギーは、卵や牛乳に比べたら、早い段階で解除してもらえるお子さんも多いと思うので、大豆と小麦、もしくは、大豆と米がOKになったら、味噌やしょうゆは一般品も使うことが出来るようになります。  でもその際に、いき…

続きを読むread more

アトピーツ子向けに、こんな油の使い方

 油って、炒めたり揚げたりするときだけに使うものだと思っていませんか?  バターやマーガリンを使えないアトピーっ子や、あまり油を使いたくない赤ちゃんのために、こんな使い方もあるので、参考にしてくださいね。   ★制限が多いお子さんに、煮物を作ってあげるときに、少量の油を加えて煮ると、肉やあげなどが入っていなくても、油が野菜の味…

続きを読むread more

アトピーっ子にピッタリな油と言えば

 食用油と聞いて、頭に浮かぶ油って、たぶん「大豆油」じゃないかと思います。でも我が家では、アトピーに悩まされてから、大豆を使用した食用油を調理に使わなくなりました。  なぜなら、油って、幼児期のアトピーっ子には負荷も大きい食材なので、アトピーで大変なときは、体に負荷の少ない、質のいい油を選ぶのが一番いいと思うからです。  で…

続きを読むread more