"制限対応や自然食品の調味料"の記事一覧

米にアレルギーがあっても使える酢

食物性のアレルギーから、一時期 お米を制限していたことがあります。初めて医師に、「米も制限してみましょう。お酢は、りんご酢を使ってみてくださいね。」と、言われた時、医師に改めて説明してもらうまで、しばらくは、意味がわかりませんでした。  なぜなら、お米の制限が、なぜ酢と関係があるのかがわからなかったからです。  それまで、私…

続きを読むread more

わさびにもアレルゲンが含まれていることがありますよ

 これから夏にかけては、そうめんやひやむぎをツルツルっていただく機会は多いんじゃないかと思います。  和のつけ麺に欠かせない薬味と言えば、やはりわさびが多いのではないかしら?食中毒が起こりやすい今の時期は、わさびも一緒に摂ることで、防腐や殺菌の効果も兼ねて、安心して食べることが出来ます。  ところで、わさびというと、チューブ…

続きを読むread more

酢を使った料理を、ぜひアトピーっ子の健康のためにどうぞ。

 これから暑くなると、我が家の料理で酢が大活躍します。ピクルスのような、酢を使った保存食にもたっぷりと使いますし、普段から、酢の物でしっかり活用していますよ。  もちろん、暑くて食欲がない時にも、ちらし寿司をホイホイ作るから、夏に欠かせない調味料の一つです。  また、酢は体を冷やす働きも持っていますので、夏に効果的に酢を使え…

続きを読むread more

質が良くておいしいみりんは、アトピー症状にもプラスです。

 煮物を作る時に、私はよくみりんで料理に甘味を添えます。  以前は、砂糖も入れて、甘く作ることが多かったのですが、本格醸造された質の良いみりんを使えば、コクと上品な甘さを補えるので、これで十分おいしいなと思えるようになりました。  砂糖の摂りすぎは、腸内環境を悪化させて、アトピーを悪化させる一因にもなりますが、みりんなら、発…

続きを読むread more

マクロビオティック料理でも使われる甘味料いろいろ

 ずっと、アトピーっ子の甘味料について連続で載せてきましたが、今回は、自然食系の甘味についてご紹介したいと思います。  かつて、除去食も伴う子供のアトピーで悩まされていた時に、卵や牛乳を使わないでもおいしく作れ、しかも、健康的な食べ方はないものかと、いろんな料理法を習っていました。    中でも、玄米食や菜食を中心に献立を組み…

続きを読むread more

コムハニーは、アトピーっ子のお肌にもよい健康食品です

 ハチミツの話の続きとして、ちょっとマニアックに感じるかもしれませんが、巣はちみつ(コムハニー)もおすすめですよ。  なんと!  はちみつを、巣ごと食べるんです。  えーー?巣ごと食べるの?がく〜(落胆した顔)   ・・・・なんて ふらふら  はじめて聞かれた方は、びっくりするかもしれませんが、巣と言っ…

続きを読むread more

アトピーっ子の甘味料 はちみつ編

 はちみつって、以前は眼中にない食材でした。  砂糖と同じように、ただ甘いだけの食品という感覚しかなかったので、採取する花によって味や香りが異なることはもちろんのこと、純粋はちみつと、糖分が混ぜられた まがい物のはちみつが、同じ棚にはちみつとして並んでいることすら気がついていませんでした。  ところが、アトピーに伴う食事の制…

続きを読むread more

アトピーっ子におすすめな、てんさい糖(ビート)の甘味

 少し前から、甘味について続けて載せていましたが、幼いアトピーっ子におすすめの甘味として、一番おすすめなのが、このてんさい糖(ビート)、ラフィノースなどではないかなぁと思います。  てんさい糖は、サトウキビでなく、砂糖大根(ビートとも言います)から作られた甘味で、腸に優しいから、赤ちゃんには特におすすめの甘味です。食事の制限が厳し…

続きを読むread more

氷砂糖や三温糖の使い方

 氷砂糖も、白砂糖と同様にサトウキビから作られます。  ゆっくりと、じわ じわ溶けて染みこむのが、梅シロップや梅酒のような保存食作りには最適なんだそうで、5~6月には、特によく利用します。  ご存じでしたか?砂糖には何と、賞味期間がない! がく〜(落胆した顔)  んです。  とりわけ精製度が高い氷砂糖は、一年くらいの保存で…

続きを読むread more

アトピーっ子の体に優しく、白砂糖と黒砂糖を使い分け

 アトピーっ子向けに、サトウキビが原料の砂糖を中心に、いろんな甘味料を、何回かに分けてご紹介したいと思います。  サトウキビにアレルギーを起こしてしまうお子さんもいらっしゃいますが、一般的に「砂糖」と言えば、白砂糖が頭に浮かぶのではないでしょうか。  そこで、まずは砂糖から。  私は、白砂糖と黒砂糖の粉末を、料理によっ…

続きを読むread more