赤ちゃんが泣き止まない時、夜泣きには、かゆみケアも試してみて その2

  アトピーっ子を二人三人と育てていくと、その泣き止まない原因には、アレルギー系のかゆみや痛みも関係あるのを知りました。

 夜泣きがひどかったり、泣き止まない赤ちゃんに腹を立てて、揺さぶりなどで死なせてしまう事件の中には

 かゆみやアレルギーがかかわっているのではないかと想像します。

  --0 1.jpg

 前回の話の続きとして、

 新生児の時を除いて、乳幼児は大人よりも体温が高くて暑がりなのに、

 大切にしすぎて衣類を着せすぎたり、寝具をかけすぎて、暑がって子供が泣くのもあると思います。

 しかも

 暑い上に、長いこと泣いていると、あっという間に 汗でぐしょぐしょになって、

 頭の中や背中にあせもができて、それに汗が染みて 痛いたかったり かゆかったり

.....++-FullSizeRender.jpg

 皮膚が弱いと、汗も染みてヒリヒリします

 そこで、夏場であれば、行水で汗や老廃物をこまめに流してあげることで、楽になりますよ。

--0 1.jpg

 ピンク色に塗った個所は、汗や老廃物がたまりやすく

 初めての子育てでは、プニプニの赤ちゃんのお肉に挟まれて、石鹸かすが残りやすい個所です。

 頭の中も知らないうちにあせもができていますから、外出後に汗びっしょりになっていたら、シャワーなどで汗を流してあげると悪化しにくくなります。

IMG_7-784.jpg

 大人向けの入浴剤が肌にしみていたかったり かゆかったり、蕁麻疹が出ていたり

 石鹸がしっかりすすげていなくて、肌の刺激になったたりすることもあれば

 湯温が暑すぎて、体がかゆくなることも。

 ちなみに、大人より少し低い温度が子供には快適です。

名称未957設定 1.jpg

 石鹸については、ベビー石鹸でも刺激になることがあるので、香料なども入っていない純石鹸をお勧めします。

 >>> 純石鹸については、以前こちらに詳しく書きました
 
 牛乳にアレルギーがあるのに、ミルク成分の石けんを使っていた・・・なんてうっかりもよくあることです

 食べることには気を付けても、肌に触れることでも反応するということには思い至らないのが普通です。

 >>> これも以前こちらに載せました

 また、いろいろやってみたけど、やっぱりよく泣くし、泣き止まないという時は

 やはり食べたものかなぁという気がします。

 一人目はめちゃめちゃ大変でしたが、2、3人目では、湿疹は同じように出るものの、夜泣きはほとんどしませんでした。

 夜にしっかりと寝てくれるだけで、親のイライラはずいぶんと違いますよね。

 食べ物を除去するではなく、食べ方を変えるだけでもできることなので、次回書きますね


 衣類洗剤で間違いないのが、エコベールやアラウ、緑の魔女のような環境洗剤です。質が良い粉せっけんのメーカーは ほかにもありますが、液体の方がすすぎ残しがなくて、よりお肌に優しく初心者さん向けですよ。まずは洗剤を変えてみてください。

 ●夏の汗対策について、以前こちらにも載せました
 ●入浴での石鹸の選び方へは、こちらへ


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村