ちょっと気をつけるだけ!冬のカサカサ肌に、ひと工夫でカユミが楽に♪タオル編

 暖房が効きはじめると、空気の乾燥が潤いを奪うから、アトピーっ子の肌は荒れやすくなります。

 そんな時期に、知っておくといい お肌のケアのポイントを載せますね

 一番のポイントは、お風呂上りにあり!



 出来るだけ早く、洗い場で体をふいたら、そのまま洗い場で でもいいから

 肌が乾ききる前に保湿し、湿疹がある場所には、軟膏などのお薬を塗ってあげると効果的ですよ

  でも ! 

 その前に、実はタオルやふき方にも気をつけてください。

 ます゛使ってほしいのは、柔らかいタオルです。

 最近は、室内干しで早く乾かす為に、速乾性がある化学繊維を織り込んだタオルもありますが、

 基本、綿 100%のタオルをチョイスしてくださいね

 さらに

 肌が荒れている子は、柔らかくても通常のループがあるタオルだと肌を刺激する場合もあるので、こんな



 ガーゼのタオルを使うのがおすすめ

 平織りだから、チクチクする刺激が少なく、肌を刺しません

 洗うときは、合成洗剤や柔らかくするための柔軟剤を使用せず、自然は洗剤を使ってください

 布類は、繊維のスキマに必ず微量の洗剤成分が残ってしまうから

 洗剤や柔軟剤のすすぎカスが肌に触れると、肌荒れの原因になりますし

 香料が鼻炎の原因になったり、喘息系のお子さんの負担になります

  
 アラウや緑の魔女などいろんな自然洗剤がありますよ。
 
 そして

 ふく時の基本ですが、手早く終わらせたくても、こすってはダメ!

 肌をタオルでなでるのではなく、吸水性がよい綿のタオルで押さえ

 タオルに水分を吸い取らせるイメージで

 肌の水滴を押さえながら、お風呂上りの体を優しくぬぐってあげるだけで、

 お風呂上りの刺激はずいぶんと減りますよ


 タオルは、吸水性がよい綿 100%で、柔らかい状態のものを使用する

 肌が荒れている子には、ガーゼのタオルを

 合成洗剤や柔軟剤を使わない

 こすらずに、押さえて体をふく
 この四点と


 

 出来るだけ早く保湿や治療用の軟膏を塗る ことで

 
 もっとフトピーっ子のお肌にいいケアが出来るから試してみてください



  
 意外と知られていませんが、ガーゼタオルは肌に優しくてオススメですよ


 
 自然派洗剤として、サラサやミヨシの製品も人気ですが、エコベールやアラウ、緑の魔女オススメです
 
 
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村