2019年11月11日

ドライスキンはカユミの元!冬の乾燥肌には、良質の保湿剤をこまめに

 子供たちのアトピーが一番ひどくなるのは、乾燥が進む秋から冬にかけてでした。

 新米ママの頃は、アトピーで起こる湿疹と、

 幼くて肌が弱いことから来るドライスキンの症状の区別が付かず

 名称394未設定 2.jpg

 かゆいといわれたら、とにかく湿疹用の軟膏を塗っていたので

 時には体の広い範囲を軟膏で塗りまくるというかわいそうなこともしてしまいました。

 ところが


 ある程度 育児に慣れたらわかることなのですが、

 かゆい=アトピーの湿疹症状ではなく

 例えば、

 ナスやほうれん草のように、ヒスタミンが多い食材を食べ過ぎて一時的にかゆくなったり

 冬の乾燥で、肌がカサカサする・・・俗に言うドライスキン・・・とか

 お風呂上りに冷たい空気を浴びて肌が刺激を受けて起こる、寒冷ジンマシン系で、お肌がかゆくなる


 という場合もあります

a0001_013718.jpg

 明らかにブツブツが出ていたり、部分的に赤くなっているところに塗る薬は必要ですが

 そうでない場合にも、とりあえず軟膏を塗るのは避けたいなと思います。

 そこで

 簡単に出来るスキンケアの一つとして、ドライスキンを改善するための保湿剤があります。
 
 子供の皮膚は本来、しっとりモチモチ、ツヤツヤした柔肌です。

 ところが、

 皮膚が敏感だったり弱いお子さん、もちろんそれは、アトピーっ子に多いのですが・・・の場合は

 乾燥した室内にいるだけ、冷たい風に当たるだけで、ホツペも手足もカサカサになってしまったりします

IMG_10-4-4.jpg

 お肌がカサカサになると、肌のバリアーが弱くなって外の刺激に敏感になり、

 かゆくなったり、かきむしったりで、肌が荒れてしまいます。

 そこで、保湿剤の登場です。

 当時は、、ワセリンや馬油を保湿に使っていたのですが、

 皮膚を油分でカバーするだけの商品だと なかなかよくならないし、

 おまけにお肌にベタベタが残って、下着やパジャマが油で汚れて困りました。

 そこでおすすめは、無添加で、皮膚に栄養を与えてくれる効果も期待できるお子さんのための保湿剤です

IMG_2258.jpg

 うちで今使っているのは、子供向けに開発された この潤静(うるしず)と言う商品です。

 手に取ると、一般的なローションよりもトロリとしていて、柔らかなゼリーのようです。

 肌にスッとのばせて、よくなじみ、しばらく経つと、お肌の表面がしっとりしつつも、さらりとなります。

 馬油やワセリンの時のような、ベタベタ感がなくて、気持ちよい使用感です。

IMG_2673.jpg

 アトピーの厳しい症状がなくなった今も、末っ子は首筋などがこんな風にガサガサして乾燥気味です

 本人には かゆみもない様子ですが、こんな状態の時から予防的に使うことで

 もっちりとしたベビースキンの状態に近づけて、不要なカユミを押さえることが出きますよ。

 幼児さんは顔や首筋に症状が出やすいので、お肌の手ざわりがカサカサしているようなら、保湿!

 まずは、 お風呂上りに すぐ塗る! すぐ塗るのが大切です!

 朝の時間にも保湿することで、お肌がしっとりした状態を守ってあげるといいですよ。

 この商品は敏感肌のお子さんのために無添加にこだわって作られているので

 10個の無添加です

IMG_2257.jpg

 ただ、納豆のネバネバ菌がもつ超高分子PGAを採用していますので、大豆はだめと言う方には向かないかもしれません

 かきむしりを静める効果や肌が荒れていても浸みにくい工夫もされている商品なので、おすすめですよ。

 冬のカサカサによるカユミに備えて試してみませんか





  潤静(うるしず)は、定期購入で、初回は送料も無料で、2990円です。30日間の保証も付いていますので、使ったら逆にかゆくなったなど、不都合があれば返品出来ますし、定期購入でも、一回きりの使用で断ることも出来る回数のしばりなし!!購入が可能で、良心的なメーカーです。成分や添加物についてより詳しく載せてありますので、こちらから詳しく見てね。>>潤静~うるしず~


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村



posted by よいこ at 10:54| スキンケア商品 | 更新情報をチェックする