アレルゲンをもっと離乳食の早い時期から摂取させることは、是か非か

 先日、食物アレルギーに対する治療方針で、政府が大きな転換を発表しました。

 それが、

 アレルギーの予防のために、卵などのアレルゲンをもっと離乳食の早い時期から摂取させる

 と言うものです。

 IMG_7956.jpg

 これは

 早い時期から摂取したほうが、食物アレルギーを治癒できる確率が高い

 と言うデーターに基づいて出した結論なのでしょぅが

 正直なところ、それはどうなのかな?

 と思っています。

 と言うのも

 早くから離乳食に卵を加えて それに耐えられる子は、

 もともと 2~3歳になったら食べられような 症状が軽い子なのかもしれないからです

 少なくても、我が家の一人目は、

 離乳食が進むほどに 全身にボコボコの湿疹が広がっていったから

 普通のペースの離乳食では 体が持たなかった子でした。

 IMG_6168.jpg
 鶏卵はダメでも、魚卵はいけるとか、その逆とか、卵アレルギーもいろいろあるしね

 食物アレルギーが難しいのは、個人差が大きいから、

 その子がどの程度なら食べられるのかの見極めが、医師でも難しいことです

 また

 初めての子育てでは、食べさせる加減が良くわからないことも多く

 今回の改訂で、アナフィラキシーのような事故が起こらなければいいなと、ちょっと心配しています

 と言うのも

 赤ちゃんや幼児は、消化能力が未熟だから、大人の感覚で接すると事故が起こりやすいからです。

 一度食べられたからと言って、次から一気に食べさせるのは絶対ダメ


IMG_6729.jpg

 とは言え

 食事制限がまちがいのない治療かと言うと、これにも問題があり

 一度 ジンマシンが出たり発疹が出て、その食材がダメだってわかった時に、

 親は怖くて次に試すことが出来なくなる問題があります

 一般的には、食物アレルギーは、2~3歳頃から改善する子が多いのに、

 怖がって食べさせずにいると さらに過敏になって食べられなくなる 事態が起こったりします

 その結果、どんどん過敏になって、微量の食材にも反応して大きなショックを起こしたり

 大人になってからも食べるものに困ったりもあります。

 また、

 調理過程がわからない外食は、怖くて食べられなくなります

 IMG_5812.jpg
 卵や牛乳が入っていないホットケーキミックスは楽に手に入ります。これを豆乳で溶くといいですよ。


 血液検査をしても、これは絶対 大丈夫!!。。と言い切れない場合もあるから

 食物アレルギーは難しい 

 でも、足踏みして迷っているうちにも、子供はどんどん成長してゆくので

 医師の指導を受けながら

 ● 少量から試す。食べられても、急に増やさない。

 ● アレルギー反応が出ても、恐れすぎず、少し期間をあけたら また食べさせてみる


 の二つに気をつけながら、食べてみてはどうでしょうか

 どの子にも合う正解の食べ方は残念ながらありませんが、

 うちの場合はこうでしたので、こちら参考になればと思います

 https://sweetbaby.blog.so-net.ne.jp/2016-04-06

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。