年末年始は食物アレルギーさんには怖い季節!食べなれない食品に注意を

 年末年始は、食物アレルギーがあるお子さんを持つ親御さんにとって、とても怖い時節だと思います。

 特に要注意なのが、生後1歳前後で、

 しぐさも ちょうどかわいい時期だし、少し固形物が食べられるようになって、何でも欲しがったりするので

IMG_7027.jpg

 つい・・・およばれの席、じぃじやばぁばに勧められて・・とか

 お酒が入って気が大きくなって、まぁこの位はいいか

 ・・・で、食べたことがないものを与えたり

 なんて

IMG_7022.jpg

 人間だもの・・うっかりやってしまうことってありますよね。

 たけど

 万一、2歳位までは、アナフィラキシーを起こしたら、反応はそりゃ激しいです

 ジンマシンが口の周りに出来た・・・くらいならまだしも

 泣き出したあと咳き込んで、ぐったりして、意識が朦朧として・・・

 があっても、全然おかしくないくらい激しいのを幼い子はやります

 IMG_7023.jpg

 でも

 年末年始は、病院はお休みです。

 救急さえ 受け入れ態勢が十分ではなく

 おまけに、小児科医が当番医でないこともあるので、適切な投薬をしてもらえるかどうかも期待できません。

 お正月だから少しぐらい食べさせてもいいじゃないか

 と言う気分になりがちですが、その「ちょっと」のせいで後悔をし ないために

 年末年始は、食べ慣れていない食材には、手を出さないよう、どうぞ気をつけてあげてください

IMG_7024.jpg

 おせちや頂き物の食材で、気をつけたい食べ物について、思いつくことをあげておき ますと

 ★伊達巻き、かまぼこ、その他の練り製品・・・中には、卵が入っているものがあるので、原材料を確認して
 
 ★数の子、いくら、中に魚類の入った昆布巻きなど・・・魚卵もよく出されますが、卵がダメだと魚卵もダメな子もいるので、食べ慣れていない海産品には気をつけて

 ★エビやシャコ、カニ、貝類など・・・貝類や甲殻類がダメな子もいます。今まで食べた ことのない物には、どうぞ手を出さないように

 ★珍味類にも要注意です。

 また、手づかみで食べると、煮汁が口や手に付いてかゆくなる子は、結構多いですよ。

 ★見映えを良くするための、合成着色料、天然着色料・・・赤色○号、黄色○号(喘息気味のお子さんは、特に黄色には気をつけて)のような石油系の合成着色料だけでなく、ラック(実は、虫の汁です)のような天然着色の中にも、アレルギーを起こしやすい素材はあります。

 ★塗り製品・食器・・・ごくまれに、漆器でかぶれる敏感な子がいます。においがまだ残っているような新品ではなく、子供には、いつもの食器と、使い慣れた重箱で

IMG_7028.jpg

 外食や加工品を食べる機会も多くなりがちな年末年始ですが

 出来るだけいつもの食べなれた食材を中心に食べて、事故なく過ごせるといいですね

 よいお年を

 別ブログで、写真のような山芋を使った蒸しケーキをUPしました。
 https://sweetbaby.blog.so-net.ne.jp/2018-12-26

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


●アトピーっ子にオススメな低刺激の洗剤類をまとめてこちらに
●首周りが赤いのは、シャンプーの刺激かもしれません
●敏感肌さんに、arau.ブランド♪アトピーっ子にはオススメですよ


 
洗濯洗剤やシャンプーなどを肌に優しいものに変えるのが、まずは皮膚の改善への一歩だと思いますそれでも改善しない湿疹やカサカサがつらい子のお肌のケアには、チュビファーストと呼ばれる専用の包帯もありますので試してみてね。
●チュビファーストでの手当については、こちらで詳しく載せています