季節の変わり目は、アレルギーが悪化しやすい季節です。衣替えに気を付けて

 台風が過ぎるたびに、秋の足音、少しずつ秋服を出しはじめる時期になりました。

 でも、季節の変わり目は気をつけて💦

IMG_3187.jpg

 衣替えや寝具の切り替えを無造作に行うと、部屋の中にハウスダストやカビが充満して、アトピーも悪化してしまいますよ。

 と言うのも、押し入れやクローゼットには、時間と共にうっすらとホコリが積もったりしますし

 窓がなくて風通しが悪い部屋の隅や北向きの部屋などには、梅雨の時期にカビが発生していますので

 押入れなどの奥から季節のものを取り出す時に、ハウスダストやカビも一緒に取り出すことになるからです

 他にも、衣類や寝具からは綿ボコリが出ますので、喘息の傾向があるお子さんの体にも負担がかかります。

 ですので

 衣替え作業って、部屋の奥から荷物と一緒に出るもろもろで、部屋がずいぶんとほこりっぽくなってしまうことでもあるのです。

  また、薬物に過敏な方には、取り替えた防虫剤の成分を吸い込むことが体の負担になります。

 
 化学物質過敏を予防するためにも、パラフィンやナフタリン系の化学薬品ではなく、天然ハーブ使用がオススメです


 そこで、衣替えで、アトピーを悪化させないために、ポイントをいくつかまとめて載せますね。

 まずは、●ほこり対策です。

 衣装ケースや寝具の出し入れで、ハウスダストやカビ、綿ぼこりなどが室内へと舞い上がります。

 これらを吸い込むと、幼いお子さんは体の負担になるため

 衣替えの最中は、子供を同じ室内で遊ばせないようにするといいですよ。

 出来れば、パパに預けて、外へ出てもらったり、ジジババに預けて作業できるといいですね。

 ちなみに私は、ほこりを吸ってしまうと、たちまち鼻水が出るので、マスクをかけて衣替えをします。

 このとき、目に見えないほどのチリやほこりは、簡単には舞い落ちずに、何時間か室内で舞っています

 そこで、午前中に作業をし、室内に掃除機をかけ、フローリングなら ふき掃除もして一度室内をきれいにすると よりいいですね

 また、この機会に、ほこりがたまっている押入の奥も掃除して、すっきりと。

 この時に、湿気が貯まりやすい部屋隅や押入れ下に、除湿剤を入れておきます。



 仕上げに、空気清浄機をスイッチオン 

 少しでもハウスダストの少ない空気環境を保てるよう工夫してみてください。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 化学成分の防虫剤は体への負担が年々大きくなるので、殺虫剤成分の入っていない商品をおすすめします。木材の香りのフィトンチット系とハーブ系があります。


 木材を利用した防虫剤もあります。赤ちゃんのいるご家庭におすすめで、よりナチュラルな仕様となります