海水浴で湿疹やあせもが改善!でも、紫外線には気をつけて

 まだまだ暑い日が続きますが、今年は海に 二度行って来ました。

 子供は汗腺が密集していますので、ものすごく汗をかくから、すぐ汗疹(あせも)が出ます

 おまけにアトピーっ子の場合は、それにプラス湿疹ですから、かゆかったり痛かったりで大変です。

 そこで、海水に含まれるミネラルと、塩の殺菌力でお肌がツルンと蘇る海水浴 いいよ

 068 (2).JPG

 ただし 💦

 アトピーっ子=肌が弱い子でもあるので、紫外線には要注意です


 まずは、時間です。

 日射しが一番強烈な時間帯である、10~2時頃に海岸にいる場合は、紫外線の刺激が強くなりますので

 帽子やラッシュガードなどで、しっかり紫外線カットを! 例えばこんな感じに ↙

 -11.jpg
 
 つば広の帽子とラッシュガード、もしくは水着の上からTシャツを着せ、焼けやすい首と肩を紫外線から守ります。

 海面からの照り返しもあるので、たとえ帽子をかぶっていても、顔にはキッズ向けの日焼け止めを塗るといいですよ。



 幼い子と行く海水浴は、泳ぐのが目的ではないので

 お子さんを浮き輪に入れたら、お話ししながら海の中へ

 水になれてリラックスしてきたところで、湿疹や汗もが出来やすい首の回りや、時には頭にも、時々 手酌で海水をかけてあげるといいですよ

 

 海が初めての子は怖がりますので、水に慣れさせながらゆっくりと沖へと浮き輪をつれて行きます。

 また、水が冷たいと嫌がりますので、

 本当は 海水が温まっていて日差しが弱まってくる午後3時頃からがベストです

 大好きなパパやママとお話しながら、あったかな海の中に、浮き輪でプカプカ浮かべば

 赤ちゃんや幼児は、本当に幸せそうな顔をします。


 いつもと違う空間で、リラックスする気持ちも、アトピーっ子にはいい効果になります。


 海から上がったら、すぐにシャワーで流さず、パラソルなどの日陰で一休み。

 またもう一度くらいは海に入って、しっかりお肌に海水の成分を染み込ませてやれば、

 おむつかぶれも ツルンときれいになるので、お試しあれ。

 海水浴とはいいますが、要は湯治のような感じです。

 ただ、湿疹のかきむしりがひどい子は、一気に海に入れると染みるので、無理強いせずに徐々に慣らしてあげてくださいね。

 染みる刺激は ずっと続くのではなく、ある程度 ズキズキしたのち、次に塩水がかかっても 痛みは弱くなります。

 無理じいするより、海岸で遊ぶ中で、海水を掛けたりしてあげてください。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 肌が弱いアトピーっ子にとって、日焼けは肌の水ぶくれも引き起こしやすいから、肩や首元をカバーできるラッシュガードがおすすめです。赤ちゃんはTシャツを着るだけでもずいぶんと違いますよ。大人の方も、もちろんシミ予防で紫外線カット!海の場合、くらげなどから身を守るためにも、長袖がいいと思います。



 アトピーっ子のお肌は敏感だから、肌に優しい日焼け止めをぜひ使ってあげてくださいね。ニベアやビオレなどから安く出ていますが、より肌にやさしくて、ベビーには、キュレルや2E(ドウ-エ)がオススメです。