梅雨は、寝具にカビ!ダニもカビも、床に直接ふとんを敷かない事で防ごう

 働いて帰ったら、部屋が匂う・・・それって、菌です。

 雨が多くなる梅雨の時期は、日当たりや換気が悪いと湿気が部屋に貯まって、ダニもカビも繁殖しやすくなります。

 もちろんどちらも、アトピーっ子の体にも、家族みんなの健康にも良くなくて

 そこでするべきは、ファブル・・・ことではもちろんなくて、最低でも2方向の窓を開けて換気することだと思います。5分くらいでもいいです。

a0001_013131.jpg

 換気扇も付けることで、風の流れが出て、より早く換気できますよ。

 カビやダニを増やさない為に 特に気にかけてほしいのが寝室です。

 朝は人の呼気や汗で、部屋も寝具も湿っていますので、出社前に5分でいいから窓を開ければ効果的だし

 日光の紫外線で室内が消毒できるよう、日中はレースから光が入るよう、面倒でも朝晩 カーテンを開け閉めするといいですよ。

 換気により、部屋の隅によどむ湿気や空気の攪拌が出来れば、空気清浄機の効果も高まります

 そしてもう一つ、湿気を減らし、ダニやカビを遠ざける工夫として、ベッドなどで、床から寝具を離すことが有効です。

IMG_4979-.jpg

 敷きっ放しにしていたら、布団の裏に、こんなシミが出ていたりしますよね。

 それはずばり  カビ 

 カビが生えていると、目には見えなくても胞子を吸い込んでいるから、

 寝ている間にずっとカビ菌を吸っていたのかと考えると、ぞっとするでしょ?

 だから、タダでさえ湿気やすいこれからの季節に、床に直接、ふとんの敷きっぱなしは よくないです。


      こちらアマゾンで4位。低ホルムアルデヒド仕様のすのこベッドです。

 例えば、脚付きベッドに変えれば、ふとんに貯まった湿気を、床から逃がすことが出来ます

 この時に、スペースがあるからと、衣装ケースを下に入れるのはやめましょう 

 ちなみに、床から30cm以上高さがあれば、床からのホコリを吸い込みにくくなるので、悩まされていた咳が、これで止まる場合も   以前、こちらに詳しく書きました

 ベッドが置けない場合は、下のようなすのこフレーム除湿シートを試してみてね


 
 どれも、化学物質アレルギーを引き起こすといわれる低ホルムアルデヒド仕様の商品なので、幼いお子さんにも安心です 

 すのこの上で、下のイラストみたいに、寝起きのふとんを半分に折っておくだけで、かなりカビは防げます

  futon2.jpg
 
 また

 より省スペースの湿気対策として、寝具の下に除湿シートを敷くのもありです。

 
 アマゾンでベストセラー一位、ふとんの老舗 西川が出している除湿シートです

 
 人の体から出る湿気も相当なもので、床に直接敷いたふとんを敷きっぱなすと

 フローリングにもシミ(黒かび)が出ることがあります。

 一度出来た黒かびは、少々日に干したくらいでは消滅することはありませんので、まずはカビ菌を増やさない生活を



 お部屋のにおいは、確かに菌だけど、消臭しても臭いものにフタをしただけの状態です。

 化学物質にも弱い幼いアトピーっ子のためよいのは、薬剤による除菌ではなく、

 窓を開ける換気と

 カビを生やさない通気性のよい生活の工夫


 そして

 カーテンを開けて光を通し、紫外線で自然な除菌

 ですよっ 

  床に直接布団を敷かれているご家庭では、ご家族みんなの健康のために、ぜひ工夫してみてください。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 どれもアマゾンで人気が高い低ホルムアルデヒド仕様すのこベッドです。除湿シートは、ある程度の厚みがあるしっかりした商品がオススメです。西川製なら、間違いないですよ。