「うちの子アトピーなの」と、カミングアウトすることで、心が軽くなる

 アトピーっ子にもいろいろあります。

 見るからに湿疹が酷く見えても、それが治療も何もしていないから そうなっている子もいれば

 一生懸命親が治療や食事制限に心を砕いているのに、治らなくてそうなっている子もいて

 それぞれの親が、心に抱えているつらい気持ちの重さは、全く異なります。

名称394未設定 2.jpg

 前者は、そのうち治ると考えて、あまり気にかけていないのに対して

 後者の親は、こんなにがんばっているのに、なぜ治らないのだろうかと、日々 鬱々とした気持ちで毎日を過ごします。

 さらに  後者の親御さんと同じようにつらいのが

IMG_053-9.jpg

 食事制限で、何とか肌はきれいな状態を保ってるけど、

 実は以前、ジンマシンや呼吸困難のような、アナフィラキシー症状を体験しているお子さんの親御さんです。

 見た目には普通のお肌なので、肌が荒れている子よりも軽い症状だと、周りの大人は誤解しますが

 実は、

 またそんな症状が起きたらどうしようかと、親はいつも神経を尖らせて心が休まりません。

 あの頃、私は回りに理解してもらえなくて、孤独でもあったなぁと、つらい記憶は心の中に今も鮮やかです。

 ところで先日、新聞で人生相談のページで、

IMG_2966.jpg

「中学生のときのいじめの記憶がつらいのと、どう付き合えばよいか」への返答に、

 ああ、そういうことかと、腑に落ちるものがあったのでご紹介します。

 つらい記憶から抜け出し楽になるために、まずは

 ●アラームを解除しましょう

 またいつか同じことが起きるかも・・・という無意識のアラームに苦しめられています。

思い出せ!油断するな!と、いつも心の中でアラームがなっている状態が続いているからつらいのですが、

 当時の自分より、今の自分は学習してもっと強くなっていて、もう同じ目には合わないので、まずは アラームを切りましょう。

 確かにそうでした。

 子供を三人育てる中で、それぞれにアナフィラキシーがありましたが、より早く見つけ出し、対処できましたよ



a0002_009008.jpg 

 次に、●つらい経験は人に話しましょう

 つらい記憶は、吐き出すことでどんどん楽になります。

 人に打ち明けるツールとして使ったり

 話すだけでなく、同じ痛みを持つ人の話を聴くことでも、つらさは薄まって行きます。

 そうなんですよ。

 自分から「うちの子アトピーで大変なのよ」と、先に話すことで、意外なお子さんもアトピーだと知ることが出来たし、そのお子さんの親とも距離が縮まりました。

 カミングアウトすることで、喉元に詰まってつらかった出来事を、心の中で消化していたんだな
・・と改めてわかりました。

 
a0960_007579.jpg

 人生相談の最後は、こう結ばれています

 そんなあなたを人はこう呼びます。

 「あの人は、人の痛みがわかるひとだ」と。



 アトピーの体験を、何もいいことがなかく辛いだけだった

 ・・・と考えて、心の中に抱え込めば、ずっとマイナスのままですが

 
 私自身、当時は大変でしたが、おかげで料理腕が上がって、家族が健康に過ごせているし

 以前よりずっと、人の心の傷みがわかるようになりました。

a0027_002833.jpg

 今回の相談は、内容こそ違えども、つらい記憶をプラスに変えるヒントになる回答だと思いご紹介しました。

 まずは

 母子クラブや保育園、幼稚園などでかかわることが出来た方に、まずは心を開いて楽になりませんか?


 ●アトピーっ子にオススメな石鹸や洗剤へは、こちらから

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。





 大人の方だけでなく、お子さんの肌にもおすすめな保湿ケアとしてオススメなのが、メルヴィータの100%オーガニックなアルガンオイルです。保湿だけでなく、美容成分が肌の回復を助けてくれます。詳しくはこちらにものせました。