食物アレルギーのわが子が、この春から新入学で、不安でいっぱいな春に

 もうすぐ新入学の一年生が、真新しいランドセルを背に、小学校へと通う春がやってきます。

 毎年、ランドセルに逆に背負われているみたいな後姿を ほほえましく見送りながら、

 卵と牛乳の食事制限が完全にはずせないまま、初めての子を小学校にやった日々を懐かしく思い出します。

a1130_000205.jpg

 幼い頃に一度でも、わが子がアナフィラキシー症状を起こしたことがあるご父兄は、どなたもそうじゃないかと思うのですが、

 給食が始まってまもなくは、朝、送り出す時に本当に不安だったのです。

 ちゃんとまた、帰ってきてくるんだろうか・・・と

a1180_015598.jpg

 もちろん、親として考え付く限りのアレルギー対策はやったつもりでした。

 春休みのうちに学校に電話をかけてアポを取ったら

 校長先生だけでなく、担任の先生、栄養士さんや保健室の先生まで集まって下さってので

 学校生活や給食で気をつけてほしいことなどを、資料を持参してお願いしましたし

 もしもアナフィラキシーを疑われる出来事があれば、連れて行って欲しい病院や処置について話し

 入学後は、給食に使用されている食材一覧を栄養士さんからいただき、必ずチェックして毎日安全を確かめていました。

 でも、それでも、 

 不安なんです~~~ 💦

 新入学のように緊張を強いられる場面では、普段と違うストレスもあるし体調も崩しやすいから、

 わが子に思いがけない事故が起こるのではないかと、とても怖かったのです。



 結局

 うちの子たちは三人とも特に大きな問題もなくこの時期をやり過ごせましたが、

 おなじ食アレに悩むアトピー仲間から見聞きした話では、新学期に思いがけないトラブルが起こることがやはりあったようです。

 と言うのも

 ちゃんと先生に話したハズでも、相手のアレルギーに対する理解の度合いが低い場合には、話した内容が正しく伝わっていないことがあったりしますからねぇ 

 アナフィラキシーは起こらなくても、いつの間にか湿疹がひどくなっていたり、

 本人に自覚症状がない発疹のような異常を見つけることが多いのも新学期でした。

IMG295-thumbnail2.JPG

 こんなに心配している私の姿を、神経質だとか、心配しすぎだとか言う人は

 アナフィラキシーの怖さを体験したことがないから言えるのだと思います。

 親なんだから心配してアタリマエです!! プンプン

 ただ、子どもが不安になってストレスで悪化してしまわないよう

 親の心配は顔に出さずに心の中にしまっておけるといいですね

 この時期は、いつもと違う湿疹が顔や全身に出ていないかを

 お風呂タイムなどでスキンシップをはかりながら、特にしっかりとチェックしてあげてくださいね

 早めの発見なら、塗り薬も少なくて治療出来ますし、野菜の多い食事で体調を整えるすることも出来ます。

 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。




 大人の方だけでなく、お子さんの肌にもおすすめな保湿ケアとしてオススメなのが、メルヴィータの100%オーガニックなアルガンオイルです。保湿だけでなく、美容成分が肌の回復を助けてくれます。詳しくはこちらにものせました。