気をつけたいヨードアレルギー!予防接種やうがい薬で出会います

 黄砂の季節に、毎年体調を崩すのですが、今年も母娘で続けてやられてしまいました。

 咳が出るのがつらくて、医師にもかかったのですが、先日、洗面所の棚を見たら、あれ?

 IMGP99814.jpg

 ヨウ素入り(黄色い丸で囲んだところです)のうがい薬だ 💦

 同じ耳鼻科に通っているのですが、何も医師に告げなかったら、娘はこっちをもらってきたみたいです。

 でもって、私がもらったのが 左側のこちら

IMG_6767.JPG

 中身は青い液体が入っている『アズレン』系のうがい薬です。

 ヨウ素とヨードは同じものなのですが、一般的に薬局でよく売られている うがい薬と言えば、イソジンのようなヨード系の商品が多いと思います。

 でも

 ヨードはアレルギーを起こす人もいる薬品の一つです。

 たまたま私の父がヨードアレルギーで、私も昔、手術時にかぶれたので、念のために避けています。

 特に、今回のうがい薬で違和感はなかったようで何よりでしたが

 娘にも「ヨードは気をつけて」と話しました。

 もしうがい薬をもらう機会があれば、

 ヨードはちょっとダメなので、青い色のうがい薬をお願いできますか?

 と言ってみると、アズレンが出ると思います。

 また

 うがい薬を自分で買うなら、アズレンうがい薬は、こんな商品として出ています。

 IMGP9879.JPG   
[第3類医薬品]水溶性 アズレン うがい薬 [100ml] / 浅田飴

 口の中でピリピリしないから、幼い子にも使いやすいです

 また、そのほかにも、こんな商品でもいいのではないかと思います。

IMGP9982.JPG 
 新コルゲンコーワ うがい薬ワンプッシュ 200ml / 興和新薬

 こちらは、ちょっとピリッとしますので、もう少し大きな子になってからがいいかも。


 口の中の粘膜は、とても敏感です。

 特に、アトピーっ子の中には特別敏感な子もいるので、体に合わないものを使うと、ぶつぶつが出来たり、ヒリヒリしたりします。

 我が家のように、ヨードがダメと言うほどでなくても、

 なんだかうがい薬を嫌がる

 ・・・と言う時には、実は、口の中に違和感を覚えている場合もあるので、無理強いせず、成分を変えてみるといいと思いますよ。

 また、他にもヨードが使われる場面として、注射や手術のときの消毒があります。

 私の場合は、切開する場所をヨードで消毒したら、手術後に腫れあがり、かゆみで眠れませんでした。

 コレについては、次回に続きます。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 コルゲンやアズレンのうがい薬はネットでも販売されています。


[猫] 「ベルメゾンさん、敏感肌さん」ブログやってます
ご縁があって、ご紹介しています。敏感肌コスメについても載せていますので、よろしければお立ち寄りください



この記事へのトラックバック