早く治せる医師ではなくて、ちょうどいい強さの薬を出せるのが名医です。

 先日 友人から、近所の二軒の耳鼻科について、その評判を尋ねられました。

 仮に、A、Bと名前をつけて話しますが

 彼女が言うには、Aの耳鼻科は、なかなか治らないのだそうです。

a0006_001790.jpg

 私は、AもBも通ったことがありますが、どちらの先生も 子供の扱いは上手で優しそうでした。

 しかも、私自身は、Aの先生でも普通に治ったので

 彼女のお子さんに出された薬は、少し効果が弱いもので、今回は 見立てが悪かったのかも

 ・・・と話し、一つ付け加えました。

 でもね、一番怖いのは、はじめから強い薬を出す先生だよ。


 例えば、アトピーで使うステロイドのような軟膏には、弱い効果のものから強いものまであります。

 強い効果の薬なら、早く治るのはもちろんのことです。

 でも

 赤ちゃんなら、そんなに強い薬を塗らなくても治るはずなのに、見た目がひどいと、かなり強い薬を いきなり処方する医師がいます。

 すると、長く使ううちに強い薬に慣れすぎて、効かなくなったり、体に別のダメージを与えます。

 これが怖いのです。

a0006_001960.jpg 

 それは、患者の側にも責任があって、

 なかなか治らない → やぶ医者

 とうわさが広がれば、お客さんがパタリと来なくなるので、個人病院の医師はこれを恐れるのです。

 ちょうど効果が出る、でも強すぎない、そんなぎりぎりを見極めて出そうとしてくれる医師が、私は名医だと思います。

 でも、それを一度で見極めるのは、初心の患者ほど難しい・・・ 

 この薬で効かなかったら、別のを出します。

 みたいなスタイルで接してくれる医師が良心的だと思いますよ。

 こんな記事も以前載せました。

 ●冬の乾燥からドライスキンを守ろう
 ●手湿疹で、強めのステロイドが長期間に渡って処方されるって、実は怖いこと
 ●アトピーっ子にオススメな低刺激の洗剤類をまとめてこちらに
 ●首周りが赤いのは、シャンプーの刺激かもしれません
 ●敏感肌さんに、arau.ブランド♪アトピーっ子にはオススメですよ
 
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブロ
グ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。




 腸内環境を整えると、アレルギーも改善します。ここの甘酒は発酵菌の質がいいと感じました。
妊婦さんの滋養としても優秀です。赤ちゃんから試せますよ。


この記事へのトラックバック