敏感肌さんの洗濯で気をつけたいこと!その1 お肌に優しい成分の洗剤を使おう!

 子供のアトピーに悩まされて、一番に止めるといいよとアドバイスされたのが、一般的な合成洗剤でした。

 アトピーっ子や肌が弱い赤ちゃんの洗濯では、どんな洗剤を使うかがとっても大切 です。

 なぜなら、いくら洗濯物が白くきれいに洗えていても、洗浄力が高い製品には、お肌の刺激になる成分が含まれていることが多いからです。

 ((65-FullSizeRender.jpg

 例えば、こちらの合成洗剤には、蛍光増白剤が含まれています。

 これは、衣類がより白く見えるように、本来の洗浄力とは別に添加された薬剤であり

 ((65FullSizeRender.jpg

 こちらのように、最近定番の漂白剤入りの合成洗剤も多いですね。

 でも、布には繊維の凹凸がありますので、そこにわずかに洗剤の成分が残ってしまい、肌にその布が触れてこすれたり、汗をかいた肌から吸収されることで、敏感肌の刺激になります。

 これが、無添加の粉石けんだと  こんな表示になります。

 IMG_2757.JPG 

 こちら、せっけん洗剤の王道 シャボン玉スノールなのですが、添加されている成分の違いに驚かれたことと思います。

 TVでは、

 白く見せたり、しみを消したり、早く乾いたり、臭いが残らなかったり

 ・・・と、機能性を重視する商品がたくさん宣伝されていますが、その分だけ添加物も多く、敏感肌には負担が大きいものとなります。

 ただ

 粉石けんが自然な洗剤として、お肌に安心なのは確かなのですが、お洗濯初心者の頃に使うなら、液体石鹸を私はオススメします。

 特に、これから寒くなる時期には、洗剤の溶け残りも多く、衣類に石鹸カスが残りやすいからです。

IMG_9113-thumbnail2.jpg

 もちろん、成分が安心でも、衣類に白く残るのは良くないし、黄ばみやにおいも気になります。

 しかし 液体にすることで、良心的なよい商品であっても、添加物は増えます。

 そこは、お肌の調子を見ながら、よりお子さんに合うと思われる商品を、試しながら選んでみてね。

 さぁ、さっそく肌に優しい環境洗剤に切り替えて、敏感肌を守ってあげませんか 



 幼いアトピーっ子の肌に優しい洗剤としては、こんな商品がオススメですよ。赤ちゃん向けに、より低刺激を探すなら、「ECOVER」がおすすめ。コスパで選ぶなら、「arau.(アラウ) 」。私は、ミヨシよりarau.(アラウ) 押しです。油汚れに強く、すすぎ一回の短時間で洗えるのが魅力の、「生分解する洗剤 海へ」は、共働きのご家庭におすすめ。ちなみに私は、汚れ落ち&コスパも魅力な「緑の魔女」を、現在使っています。

 ●粉石けんの王道「シャボン玉スノール」の上手な使い方
 ●なんでも除菌は、お肌に良くないよ
 ●洗濯機の黒かび予防に、こんな天然素材の商品を
 ●お肌の乾燥から守るチュビファーストでの手当について

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

ベルメゾンネット

●最近ご紹介したベルメゾン商品記事のまとめは こちらへ
●ベルメゾンのロングラン商品や話題の商品は こちら



この記事へのトラックバック