季節の変わり目は、アトピーが悪化し、体調も崩しやすい季節(寝具や衣類の巻)

 季節の変わり目は、温度変化についてゆけなくて風邪を引く人も多くなりますよね。

 アトピーの場合も同様です。

 お肌がカサカサしたり、鼻水や咳が出たり、急にかゆがったりで、ママとしてはすごく心配になります。

 知っておくと、それらを予防できることもあるので、書いてみますね。

 まず、一つめに気をつけたいのは、衣類や寝具類です。
 

 ほこりが入らないよう、収納ケースや袋などにきちんと入れてしまっていたでしょうか?

 意識しないと見えにくいですが、むき出してしまっておくと、たくさんのほこりが布地に絡まっています。

 また

 毛布やこたつ布団などを、洗わずに、軽く干しただけでしまうと、布地に付いた皮脂と押入れの湿気を栄養に、ダニが繁殖してしまうこともあるかも。

 なのに

 夜に急に寒くなったからと、寝る前にゴソゴソ布団や衣類を取り出して使えば、

 押入れの隅に貯まったほこりも室内に舞い上がるし、寝具そのものも、ほこりっぽいっ!!

 これでは、かゆくなるし、咳だって出るでしょう 

 予防策として、寝具類は寒くなる前の日中に一度取り出し、干すといいですよ。

 もちろん、さらに掃除機などで吸引しておくと、さらによし  私は●コップは信用してません

 そして

 いつの間にかハウスダストが積もっているクローゼットもついでに掃除し、隅にたまるホコリを、部屋の中に引き出してばら撒かないようにして気を付けてくださいね。

 また

 生き物の毛であるダウン素材は、アレルゲンにもなる可能性を持った素材だと思うので、合わない子はアレルギー悪化の原因になるかも。

 敏感な子の場合は、一緒の部屋で親が羽毛布団使っているだけで、やっぱりそれもダメかも。

 使うなら、綿やガーゼ製の毛布のように肌触りがよくて、洗えるものがおすすめです。

 肌に一番近い場所には、肌に優しくて、ダニを含むハウスダストが発生しにくい寝具を使ってね



 衣類も同様で、ダウンジャケットやダウンのスリーパーも、どうかなぁ?

 読んでみて、思い当たる節があれば、お掃除やお洗濯を工夫したり、寝具を変えてみるのもいいかもしれません。

 ●なぜダウンがアレルギーに関係してくるのかについて、以前こちらに詳しく載せました
 
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

 ベルメゾンネットベルメゾンネット

この記事へのトラックバック