夏のアトピーっ子は、汗対策が大切!あせもも防いで、塗り薬を減らしましょう!

 汗をかく暑い季節に、乳幼児のアトピーっ子の皮膚が悪化する一番の原因は、だと思います。

 特に、子育てになれていない一人目の子育てでは、あせもの赤い発疹もアトピーの湿疹も、みんな同じように見えてしまうので、赤くなっていたら、とにかくベタベタと軟膏を塗ってしまいがちです。

 すると。。。

 汗が出る部分を、軟膏の油でふさいでしまうので、余計に悪化してしまうことも・・・

 そこで、お出かけしたり、お昼寝のあとに、汗をびっしりとかいているようなら、行水をしませんか。

 

 ビニールプールを用意すれば子供は大喜びですが、時間がなければ風呂場でシャワーを 

子供は汗っかきな上に、肌が弱いので、大人にとっては何てことない汗でも、肌トラブルの原因になったりします。

 というのも

 汗には塩分や老廃物が含まれますから、それが長く皮膚の表面にくっつくことで刺激になるからです

 大人の私でも、夏場の汗でのどのまわりが赤くなり、かゆくなったり痛くなったりしますから、汗での刺激は、幼い子にとって本当に当たり前に起こることなのです。

 その時に、一つ気をつけて欲しいのですが

 洗いすぎると、肌が乾燥してしまうので、石鹸はいりませんよ 

 ただ、ぬるま湯をかけて肌の汚れや汗を流してあげるだけで、OK 

あせもや湿疹の出方は、もう全然違いますよ。

 赤ちゃんの場合は、シャワーだと肌への刺激が強すぎるので、貯めたぬるま湯がいいです。



 そこで、少し邪魔になるかもしれませんが、ベビーバスや小さめのたらいをお風呂に置くと便利です。

 貯めたぬるま湯をかけてやりながら、肌を手でなでてあげる1~2分の行水だけで、いいんです。

 たったこれだけの手間で、汗でベタベタした肌や、いつの間にかアセモだらけになってしまう頭や背中、お尻が、さっぱりと清潔に保てます。

 アトピーの湿疹かと思っていたものが、実は 汗によるアセモだったということは、よくあること。

 昔ながらの生活の知恵、行水を試してみてくださいね。


   


 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 汗をかくと衣類に残留する洗剤成分が肌へと吸収されてしまうこともあるので、夏もお肌に優しい洗剤がいいですよ。幼いアトピーっ子の肌に優しい洗剤をご紹介します。赤ちゃん向けに、より低刺激を探すなら、「ECOVER」がおすすめ。コスパで選ぶなら、「arau.(アラウ) 」。私は、ミヨシよりarau.(アラウ) 押しです。油汚れに強く、すすぎ一回の短時間で洗えるのが魅力の、「生分解する洗剤 海へ」は、共働きのご家庭におすすめ。ちなみに私は、汚れ落ち&コスパも魅力な「緑の魔女」を、現在使っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック