敏感肌に優しいロングセラー粉石けん「シャボン玉スノール」♪効果的な使い方も

 普段、液体洗剤を使っているのですが、久しぶりにロングセラーの名品を買ってみました。

 それが、こちら 

IMG_8295.JPG  

 無添加石鹸 シャボン玉スノール   1kg袋が 639円でした。 

 これねぇ、良質の天然油脂を原料にした無添加の洗濯用粉石けんで、環境にもアトピーっ子の敏感肌にも優しい環境洗剤なんですよ。

 最近は、同じ環境洗剤でも、液体が手軽で人気ですが、私の子育ての時代は、お肌に優しい洗剤といえば、界面活性剤不使用のこんな粉石けんが主流でした。

 IMG_8299.JPG

実は、単に肌に優しいだけでなく、綿の他に、毛糸や絹も洗うことができるし、柔軟剤も不要なんです。

 という事は、柔軟剤を使わないから、お徳・・ってこと

 もともと柔軟剤は、合成洗剤で傷んだ生地をふっくらさせる為に必要な訳でして

 私達は そうと知らないまま、安いからと合成洗剤を買って、柔軟剤もおまけに買ってたわけです。

 IMG_8302.JPG

いろいろ使ってみて思うのは、同じく、老舗の環境洗剤メーカーの ミヨシより、お値段は少しいいけど、汚れ落ちはこっちが上 

シャボン玉本舗の商品は、歯磨き粉やシャンプーも出ているけど、安全性もこだわっていて、オススメなんですよ。 

おまけに

 粉石けんって、コスパが良くて、液体洗剤より安いんだなぁ~ 

 だけど何で今売れていないかというと、粉石けんの場合は、一旦 きちんと溶かしてから洗濯物を入れないと、そのまま溶け残ってしまうときがあるから。

 試しに、洗濯物と同時に粉を入れてみたら、やっぱり少し玉が残っている感じだったので、一旦止めて、手でかき回してあわ立ててから洗いましたよ。


 ではではここからは、安くてお肌にいいのなら、使ってみたいわという方への使い方アドバイスです。

 まずは、粉石けんには、ぬるま湯か暑いお湯を使うべし   これは、絶対

便利な使い方としては、お風呂の残り湯などを使うのがベスト。

 洗濯機の低水位レベルの1/4~1/3程度、お湯を入れたら、まずはそのまま回転させ、しっかり泡立ててから、洗濯物を入れ、あとは普通に洗います。

 IMG_9113.JPG

洗濯機の半分くらいまで泡立ちます。こんな風に、しっかりと泡立てます。

 うちで今使っている洗濯機は、へたに自動化が進んで融通が利かないバカチョンなので、バケツで3杯ほど風呂のお湯を汲んで洗濯機に入れます。

 その後で、手でかき混ぜて、上のように泡立てました。  

 ねっ、ちょっと面倒でしょ。これで粉は使わなくなったのよ 

 または、

 洗面器に粉を入れ、お湯を足してしっかり泡立てて溶かしてから、洗濯機に加えてもいいですよ。

 よく溶ける様に改良されていますが、念のために泡を立てた状態にしてから、洗濯物を入れるひと手間は必要です。

 シャボン玉本舗からも、液体石鹸が出ていますが、安くて無添加で汚れ落ちもいいものを探せば、やっぱり粉石けんだと思います。

 ちなみに

 真冬は水温が低いので、すすいでも残りやすいから、初心者さんは 粉石けんを使わないほうがいいです。

 粉石けんを初めて使うなら、水温が高いこれからがベストですよ~~ 

興味を持った方は、敏感肌さんやアトピーっ子、そして、ベビーのお洗濯にお試しあれ。 


 粉石けんは、1キロと2キロが売られています。ただ、シャボン玉スノールブランドも、やはり便利な液体石鹸が人気ですよ。浴用石鹸やシャンプーの他には、右の歯磨き粉が、人気のシャボン玉ブランドです。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 幼いアトピーっ子の肌に優しい洗剤としては、こんな商品がオススメですよ。赤ちゃん向けに、より低刺激を探すなら、「ECOVER」がおすすめ。コスパで選ぶなら、「arau.(アラウ) 」。私は、ミヨシよりarau.(アラウ) 押しです。油汚れに強く、すすぎ一回の短時間で洗えるのが魅力の、「生分解する洗剤 海へ」は、共働きのご家庭におすすめ。ちなみに私は、汚れ落ち&コスパも魅力な「緑の魔女」を、現在使っています。

●チュビファーストでの手当について、こちらで詳しく載せています




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック