茶髪や白髪染め「ヘアカラー」でアレルギー!アレルギーが気になる方は要注意

 昨日、ヤフーニュースに、「ヘアカラー」によるアレルギーの話が載っていましたが、読まれましたか?

 こちら  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000513-san-hlth

 白髪でなくてもカラーリングする方が多いですが、敏感肌の人にとって、毛染めはかぶれにもつながるちょっと危ない行為なんです。

 実は、私自身も顔が腫れ、目が開けられないほどパンパンになる体験をしたことがあります。

 名称未設定- 1.jpg
 あの時は、あまりに酷い顔なのが恥ずかしくて、下を向いて外出しました。

 記事の中で、ヘアカラーでアレルギーを起こすことがあることを知らない大人の方が、32%もあると読んでびっくりしました。

 でも、まだアレルギーを起こしていない人でも、繰り返し使う中で過敏になり、発病することはありますから、気を付けて!


 また

 一度 症状が表れると、使う度に重症化することもある

 ので、要注意ですよ。

 IMGP02426 (1).JPG

 しかも厄介なことには、痒みなどを我慢しながら使い続けることで、全身に炎症が広がったり、似た構造の薬品にも過敏になって、化粧品でも症状が出るようになったりすることがあるそうなので、怖いですね。

 また、時々、ママの使い残りのヘアカラーで、幼い子の髪を染めている方も見かけます。

 でも、皮膚が薄くて反応が起こりやすい子供の地肌につければ、将来 アレルギーになるリスクが高まるから避けて欲しいです。

    IMGP0283.JPG

 ヤフーニュースでは、医療機関に相談すると共に、パッチテストをすすめています。

 でも、私のような敏感肌だと、余計に敏感になりそうで怖いです。

 そこで今は、ヘナやヘアカラートリートメントを利用しています。

 私の場合、ヘナは問題なく使えるのですが、ちょっと手間がかかります。

 ヘアカラートリートメントの場合は、もちが悪くても乾いた髪に使うことで、少し楽ですよ。

 染めない訳には行かないので、今は だましだまし染めています。

 ヘアカラーについては、こちらに かぶれが気になる人向けにいろいろ載せているので、良かったら見てくださいね。

 http://be-m.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83w%83i

 自宅で気軽に行えるヘアカラーですが、アレルギーの危険があることも知ってください。



人気ブログランキングへ
いつもいつもお立ち寄りいただき ありがとうございます。ポチッと一押し!励みになります。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック