表示が違えば気がつかないアレルゲンもある。衣類や日用品にも気を付けて

先日、新商品のスキンケアアイテムを見ていたら、乳清ミネラルのベビースキンケア商品が出ていました。

 うーーん 乳清かぁ、乳由来じゃん 

 一般的なベビーにはいい商品かもしれないけれど、乳清って、ヨーグルトの上澄みにあるホエイのこと。

 つまり、それって、大げさに言うと、乳製品を肌に塗ってる感じよねぇ

 IMG_6708.JPG

牛乳と書いてあると、うちの子には合わなくてダメって、ダレにでもわかるから避けられます。

 でも



  
 こんな風に ちょっと名前が変わるだけで、アレルゲンかどうかがあいまいになってしまいます。

 そして時には、アレルゲンかどうか わからなくて、知らずに使用してしまうことがるから、アレルギーの世界は難しいです。


 例えば

 カニ、エビ、甲殻類・・・と言われると、甲殻アレルギーを持つ親御さんなら、

 子供も、もしかしてアレルギーがあるかも

 ・・・と気がついて、幼い時期のわが子に、食べるのを避けておくと安心ですが

 キトサン、キトポリィ・・・さらには、これらを使用した、天然系抗菌防臭素材クラビオンなどではどうでしょうか

 どれもベビーの衣服に良く使われている素材なんですが、実は、甲殻類由来の成分が使われています。

 カニは食べてなくても、下着として着る事で、毎日皮膚に接していたら、もしかしたらカニアレルギーの予備軍になってしまったり、肌の悪化の一因になっているかも。

 IMG_6700.JPG

 アレルゲンは、気がつかないうちに接していることもあります。

 何で調子が悪くなったかなぁ?・・・と悩むときには、食べ物だけでなく、最近使い始めた着る物や日用品にも目を向けて考えてみるといいですよ。

 アレルギーの知識は、簡単には身につきませんから、手探りでつらいこともあると思います。

 でも、火のないところに煙は立ちません。

 いつも原因があって、湿疹や蕁麻疹と言う結果があります。

 時間がかかっても、わが子のアトピーを悪化させているのは何かを、探してあげてくださいね。

 アレルゲンを見つけやすいのは、集団生活に入る前までです。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

 
 ネットで人気の低刺激のアカランのジェル  赤ちゃんから使えて、敏感肌の大人も保湿用に使いやすいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック