これから花粉や黄砂の季節!アレルギー予防のマスクは、かぶれにも気をつけて

 今は、風邪やインフルエンザが猛威を振るっていますが、もうそろそろ、花粉でつらい人が出始める季節でもありますね。

 アレルギーでつらい体に、花粉を浴びたり吸い込んだりが多いと、さらに症状が悪化する子もいます。

 親ご自身が花粉に弱いタイプなら、症状はまだ出ていなくても、お子さんも予備軍かもしれません。

 IMG_7094.JPG 


そんなときの予防対策は、まずマスク 


 子供用も最近はいろいろ出ていますが、先日、大の大人の私が、風邪を引いたからと、寝るときもマスクを付けて数日過ごし・・・

 なんかチクチクするなあ・・・と、マスクを取って鏡を見たら、びっくり 

 マスクで覆われていた箇所に、赤い斑点が10箇所以上出ていて、完全にかぶれていました。

 ...FullSizeRender.jpg
 
 もともと肌が敏感なので、通気性が悪くて、肌あたりが悪い不燃布の付けっぱなしで、どうもやられてしまったみたい。

 幼い子は、さらに肌が弱いから、短時間の装着でも、紙のマスクで湿疹が出ちゃう子はいるかもよ。

 乳幼児期は、口や目の周りを中心に、アトピーの湿疹が顔に出やすいものですが、マスクの中に湿疹が多いようなら、マスクかぶれも ぜひ疑ってみてね。

 そんな敏感肌さんにオススメなのが、肌に優しいガーゼのマスクです。

 手洗いやネットに入れて洗えば、再利用することも出来るから、案外コスパも安くなるかも。

 でも、そんなガーゼマスクにも落とし穴があるようです。

 かぶれに困って、あわてて近所の薬局で探したら、昔ながらの白いガーゼマスクを見つけたのですが

 IMG_7094.JPG 

 裏面には、抗菌のためのキトサンが噴霧してあるので、甲殻アレルギーさんは使わないようにと、わざわざ書いてありました。

 IMG_7097.JPG

 最近は甲殻アレルギーさんも多いから、やはりここは、何も付けてないものを選ぶのが安心ですよ。

 一度洗ってから使うと効果は薄れるかもしれませんが、アレルギーの場合は、肌に触れるのも刺激になるので、避けて欲しいです。

 ガーゼマスクを選ぶなら、何も付けていないプレーンなものがオススメです。

  
 ネットでは、かわいい柄付きのガーゼマスクや立体マスクが、いろいろ販売されています。


 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。
 
 
 かわいい柄マスクですが、幼児や学童の子供用だけでなく、大人用までいろんなサイズがありますよ。お子さんとおそろいだと、喜んで付けてくれる子もいるかもしれませんね。

 ●マミィラクの6WAY多機能抱っこひもが、リニューアルして、再販ですよ♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック