ひんやりと夏に冷たい天然の竹シーツ♪こんなメンテナンスに気を付けてね

 薬品でスースー感じる加工をしたり、特殊なジェルや生地を使った 特殊な夏のクール素材の寝具は、通気性が悪かったり、洗いにくかったりします。

 そこで、我が家で愛用してきたのが、↙ こんな天然竹のマットでした。

  IMG_4515.JPG


 メンテナンスについて、もう少し付け加えておきますと

 ・使う前は、固く絞った雑巾でふき、陰干ししてから使います。

 竹を加工したときの薬品が表面についていますし、商品によっては、しばらくにおいがするものもあります。

 揮発させてにおいを取るためにも、まずはふき、出来ればにおいがある程度取れるまで、ベランダなどで陰干しにしたり、別室に広げておくといいですよ。


 ・保管するときや折りたたむときは、折り目に気を付けてね

 折りたたむ時には、つなげているナイロンの糸部分に負担がかかりすぎないよう、まっすぐ折って重ねます。

 何年も使える商品で、めったなことでは糸は切れませんが、一度切れると、使えなくなることがあるので、気をつけてくださいね。

 そのために気をつけたいのは、斜めに折らないことと直射日光に当てすぎないことです。

 変な折り方をすると、ナイロンに無理な力がかかって切れることがありますし、強い日差しに何度も当てると、劣化してやはり切れやすくなります。

 干すときは、カバーで覆って短時間干すか、陰干しがおすすめです。

 ・カビが生えないよう、湿気に気を付けて管理してね

 床にじかにふとんを敷いていたり、日の射さない寝室で、ずっと敷きっぱなしにすると、ふとんや竹シーツにカビが生えることがあります。

 寝具のある部屋のカーテンは、日中開けて、日光を室内に取り込んでくださいね。

 また、出来れば窓も、たかが10分でもよいので開けて、換気を心がけるといいですね。

 ちなみに、そんなに水分を吸収しませんから、おねしょでぬれたときは、表面をふいておくだけでOKです。✌

 お試しでまず買ってみようと思う方は、下のような枕や座布団に使えるサイズから試してみてはどうでしょうか。

 IMG_4553.JPG
 マウスと比べると、サイズがわかりますよね

 座布団として敷いても、枕に乗せてもかなり涼しいです 😃


 ➰ 竹シーツについて、前回 載せた記事へは、こちらからどうぞ
 http://yoikomap.seesaa.net/article/426412104.html

 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 右の座布団タイプも売られていて、これは枕の上に乗せて使うことも出来ます。運転や勉強で、お尻が蒸れてツライ人に、空調ざぶとんもオススメです。 ●こちらに詳しく載せました
 ●空調ざぶとんにカバーを作りました。


幼いアトピーっ子の肌に優しい洗剤をご紹介します。赤ちゃん向けに、より低刺激を探すなら、「ECOVER」がおすすめ。コスパで選ぶなら、「arau.(アラウ) 」。私は、ミヨシよりarau.(アラウ) 押しです。油汚れに強く、すすぎ一回の短時間で洗えるのが魅力の、「生分解する洗剤 海へ」は、共働きのご家庭におすすめ。ちなみに私は、汚れ落ち&コスパも魅力な「緑の魔女」を、現在使っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック