簡単な「しそジュース」の作り方♪夏バテにもアレルギー症状にもおすすめですよ!

  夏の旬野菜、青シソは、野菜の中でも最大級に、カロテンがたっぷりなお野菜 黒ハート

IMGP937125-thumbnail2.jpg

麦茶なんかを作る時に、ちぎって加えるだけで、シソのエキスがプラスできるので、シソプラス茶おすすめです。

 でもでも、今回のせたのは、もう一つの赤しそで作るシソジュースのレシピです。


 IMG_3761.JPG

 赤シソには、鼻水や目のかゆみなどの、アレルギー症状を抑制する働きがあるので、シソジュースにして利用して欲しいな。

 今回は、レモンやクエン酸を使わずに酢で作る、簡単な赤しそジュースをご紹介しますね 手(グー)

 m_IMGP87711.jpg


 材料

 赤しそ  ひと束 

 水  1000cc  

 砂糖  250~300g

 酢   1C  です。


 作り方ですが

 ・枝ごと良く洗い、鍋に入る大きさの、20センチ程度に、チョキチョキハサミで、枝を切り分けます。

 ・鍋に、枝ごと入れ、フタをして中火で、ひたすらゆでます。

 IMG_3743.JPG

枝全体が、お湯に浸らないと思うので、時々箸で上下を返しながら湯に浸し、15~20分ゆでます。

 IMG_3744.JPG

煮汁をザルでこして、葉や枝を取り除いたら、煮汁を鍋に戻し、砂糖を加えます。

 よく溶かしてから、再び火にかけ、再沸騰したら、酢を加えて混ぜ、火を止め出来上がりです。

 IMG_3746.JPG

赤しそ独特の風味があるため、あまりエキスが濃いと子供は嫌います。

 そこで、慣れるまでは かなり薄めて飲ませるのがコツですよ。

 そんなときには、腸を整える働きでアトピーっ子にもおすすめなオリゴ糖のシロップを用意してください。

 ビートを使った、ここの商品がおすすめ 左斜め下

 

 シソエキスをかなり薄めてすら、オリゴ糖シロップで甘さを足して召し上がれ 黒ハート

 シソジュースは、枝ごとゆでれば簡単だし、ご家庭の酢と砂糖で作れば、気軽に作れますよね わーい(嬉しい顔)

夏の元気と、皮膚の荒れや鼻づまりのような、アレルギ症状の緩和のために、赤しそジュースをお試しあれ~~ぴかぴか(新しい)


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 てんさいから作ったオリゴ糖は、アトピーっ子の甘みとして最適です。腸内環境を整え便秘解消にも役立ちます。また、便秘に悩んでいる大人の方には、より効果が期待できる 高純度のビートオリゴ糖パウダーがおすすめ。自然なお通じのために、試してみてね。赤しそジュースは、市販品もありますよ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック