アトピーの大敵!ダニがふとんに増えた時、どうすればいいか ダニの話 2

 前回、知らないうちにダニに赤ちゃんがかまれているかもという話で、ダニと蚊の発疹の違いについてのせました。

 何日も赤く残っていて、触れるとかゆみが何日もぶり返す、 左斜め下 こんな赤い斑点が見つかれば、それはダニかもしれません。

 名称 1.jpg    IMG_1580-1.jpg

 ただし、夏の汗疹(あせも)の斑点も少し似ているので、汗疹が出やすい場所の違いを、前の記事で読んでみてね。

 では、ご自身やお子さんが実際にダニにやられたとき、どうすればよいかなのですが、まず疑ってみたいのは、おふとんです。

 

 ダニは、敷き布団にもかけふとんにもいますが、より影響を受けるのは、意外にもかけふとんです。
 
 513.jpg

 掛けふとんは干して、掃除機でゆっくりと時間をかけて、表裏を吸い込むという手もありますが、洗うと楽で、早いです。

 掛けふとんを自宅で洗うやり方は、以前こちらに載せたので参考にしてくださいね。

 ただ

 ダニに子供がやられたということは、実は、同じ部屋で布団を並べて寝ている、家族全員のふとんにもダニが増えているということですので、全員分のふとんを洗わないと駆除が不完全です。

 そうなると、洗うのも大変だし、干す場所に困るご家庭もあると思うので、その場合は、大型のコインランドリーに持ち込んでみてはいかがでしょう。

 少しくらい乱暴に回して洗っても、綿が偏らない綿毛布やタオルケットなら、まとめて一気に洗えます。

 また、乾燥機だけ利用して、濡れた布団を外干しをせずに、まとめて乾かすのにも便利ですよ。

  IMGP98514 (2).JPG


 さらに あせあせ(飛び散る汗)

 敷き布団も同時にきれいにするのが、ダニを駆除するためにはベストです。

 こちらは、黒い布をかけて、ふとん内部まで高温にして干したり、ふとん乾燥機で丸ごと包んで、ダニを死滅させてから、掃除機でゆっくりと時間をかけて、裏表を吸い込みます。

    ← 例えば、こんな商品でふとんを包みます。

 お天気が悪くて敷きふとんを干せなかったり、ふとん乾燥機がないときは、ダニが忍び込めない目の細かいシーツを買ってかけるか、シーツを二枚重ねて敷く・・・などの応急処置をして寝ます。

 また、たいていの化繊綿のふとんなら、先ほどの大型コインランドリーで洗うことも出来ますよ。

 
 さらに あせあせ(飛び散る汗)

忘れてはいけないのが、枕です。

 パイプ枕でしたら、チャック式の枕カバーに入れたまま、丸洗いできて、清潔です。

 そば枕を使われている場合は、そばアレルギーの原因になるかもしれないし、洗えないので、こんな機会に切り替えてはどうでしぅょか

 掛けふとん、敷きふとん、枕の三点セットをきれいにメンテナンスしたら、これでしばらく様子を見てください。

 それでも変わらず、赤い斑点が続くようでしたら、もしかしたらそれは、日中いる時間が長いリビングのカーペットやたたみ、ソファなどにダニがいるからかもしれません。

 また、お子さんを保育園に通わせている場合は、保育園のカーペットや預けた布団に問題があるのかもしれません。

 一つ一つ、怪しいと思う箇所をメンテナンスして、原因つぶしをしてみてください。

 ちなみに

 薬剤でダニを殺そうとスプレーすれば、楽です。

 楽ではありますが、肌が弱い赤ちゃんは、今度は生地に残った薬剤に肌が触れて、薬品でかぶれたり、アレルギーを起こすということもありますので、これも知っておいてくださいね。
  
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 寝具は直接肌に触れるものではないので、衣類洗いほど神経質にならなくていいと思いますが、赤ちゃんには無香料商品のほうがいいかも。下のような環境洗剤でもいいと思いますよ。


 幼いアトピーっ子の肌に優しい洗剤です。赤ちゃん向けに、より低刺激を探すなら、「ECOVER」がおすすめ。コスパで選ぶなら、「arau.(アラウ) 」。私は、ミヨシよりarau.(アラウ) 押しです。油汚れに強く、すすぎ一回の短時間で洗えるのが魅力の、「生分解する洗剤 海へ」は、共働きのご家庭におすすめ。ちなみに私は、汚れ落ち&コスパも魅力な「緑の魔女」を、現在使っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック