ビーフンやフォーは、小麦アレルギーの代用食♪和風や洋風アレンジもOK

 エスニック食材のフォーも、けっこう知名度が高くなったようで、ご近所の食品店で気軽に買えるようになりました。

 IMGP00216 (1).JPG

お米が原材料の フォーです。

 同じく米麺のビーフンは、ケンミンのビーフンのように味つきのものの他に、素材そのものとしても、たいていのスーパーに置くようになりましたが、我が家の近所では、フォーはまだ珍しいです。

 これらは、小麦アレルギーがあっても使えるから、スパゲティやうどんの代用に良いですよ。

  IMGP00216 (2).JPG

 ちなみに上の製品のラベルを確かめると、米とタピオカ、塩が原材料です。

 ただ、輸入食品ですので、お米素材は、made in ベトナム

 アレルギー症状がきつくて、外国のものは信用できないと思ったり、他の食材の混入が気になる・・・問い場合は、バッド(下向き矢印) こちらのケンミン製品も使ってみてはどうかなぁ、

    

 タイに自社工場を作って、お米の管理をしているし、アレルギーに配慮の商品も出しています。


  さてさて

 先ほどのフォーの中身が、こちらです。

 IMGP00216 (3).JPG

ぺらぺらの平麺だから、ゆで時間も短くて、5分ほどゆでたら もう食べられますよ。

 出来立てはコシがあってモチっとした歯ごたえがあり、とてもおいしいです。

 逆に、離乳食に使いたい場合は、もっとクタクタに炊いてコシをなくし、プチプチにすぐ切れる硬さにして食べさせてあげてね。

 フォーというと、香草やライムが入ったエスニックな味を想像するかもしれません。

 でも我が家の場合は、エスニック料理が食べたくてフォーを買うのではなく、小麦麺を避けるために、ビーフンやフォーをチョイスしてきました。

 だから

 味付けは、和風だったり、中華だったり、はたまた洋風であったりと、さまざまです。

 王道は、鶏肉とキャベツ、玉ねぎ、ニンジンなどの野菜を、火が通るまで炊いてうまみを出してから、コンソメとフォーを加え、お好みの硬さに煮て、塩コショウで味付け 

すっ・・ごくおいしいです 

 ちょっとご飯が足りないなというときに、コンソメベースで、ちくわや野菜天を煮てからフォーを加えて、和風のラーメン風に作ってみたり

 IMGP00216 (4).JPG

トマト味の野菜スープに、フォーを加えて食べても、おいしいよ 

 IMGP9350.JPG

 要するに、癖がない麺なので、味付けは自由です。

 もっと簡単に作りたければ、保温調理鍋で作ります。

 野菜をたっぷり入れ、多めのスープ量で煮込んでおき、フォーを加えて少し炊いてほぐしたら、保温器に5分ほどおきます。

 


 炊かないから、ぬめりが出ず、さらさらツルツルとおいしいフォーの出来上がり~ ぴかぴか(新しい)

 気軽にフォーを使ってみてね 手(チョキ)

 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

 アマゾンで保温調理器が安く買えますよ。


 一人暮らしだと、1.6Lもいいのですが、ご家族がいらっしゃるなら、4.3Lの大きいサイズがおすすめです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック