アトピーの苦しみやつらさは、親友にも親にも兄弟にもわかってもらえない >0<

 アトピーっ子のわが子を育てていると、日本の平均的な子育てが出来ないことが多いので、大変なストレスを抱えてすごすしているママも多いのではないでしょうか。

 先に知っておくと、気分が楽になると思いますが

 親友にも親にも兄弟にも、アトピーの苦しみやつらさは、わかってもらえません あせあせ(飛び散る汗)

そんな馬鹿な がく〜(落胆した顔)  ・・と思うでしょ?

 a0070_000098.jpg

 もう少し正確に言い直すと

 きっとみんな、大切なあなたのつらさをわかってあげたいと努力しますが、本当のところは理解できません

 と言うことです。

 そして時には、見当違いな発言をされてうんざりしたり、相手のデリカシーのなさにがっかりすることもあるかも。

 こうなると、普段 信頼している相手だから、よけいに腹が立って、ストレスの種が増えることになるかもしれませんね。

 結婚や出産で、家族が増えていく頃は、親戚や兄弟、友達の家族たちし、互いの子供を遊ばせながら、交流するのが楽しい時期です。

でも、そんな場所に食事に制限があるアトピーっ子を連れて参加すると、気を使ってヘトヘトになることが多いです。

時には、

 アトピーであることも、食事制限をしていることも知っているのに、なぜこんな事をするの?

 と、相手の何気ない言葉や行動にすごく腹が立つこともあるかも。

 なまじ親しい関係なだけに、相手の無神経さに、よけい腹が立つのです。

a0960_006111.jpg


 なのに

 何年か過ぎて、あの当時の出来事を振り返ったら、相手に悪気はなかったのに、申し訳ないことをしちゃったなぁと、恥ずかしくなることばかりでした。

なぜなら

 あれは「無神経」なのではなく「アトピーへの知識がない」からやっていた事なんだと、だんだんわかってくるからです。

 でも、こんな些細な誤解から、相手と険悪な感じになってしまうこともあります。

 すると、長い間かけて、大事に育んできた関係が、あっと言う間に崩れ、時には、修復出来なくなってしまう事もあります。

 これは、かなり悲惨な体験で、今も私の心のトラウマになっています もうやだ〜(悲しい顔)

でも、同じ体験を、後から続く人には、絶対にして欲しくないあせあせ(飛び散る汗)

そう思うので、あえてここで言いたいです ダッシュ(走り出すさま)

アトピーは、そのうち治るけど、人間関係は、ある程度以上壊れたら、もう修復できません

 だから

 相手は理解できないのだとわかったら、そっと距離を置いてください。

 アトピーの状態が悪くて、よそのご家庭で、自由にさせるのは難しい状態だと感じたなら、しばらくの間だけ、少しおつき合いの距離をあけておく方が、かえってこじれません。

 姑には悪い嫁だと思われずにすむし、友達にも、「なんか人が変わってしまった」・・・なんて誤解されずにすみます。

 つらい気持ちは、アトピーのことが理解できる人に話しましょう。

 母子クラブや保育園、幼稚園に、アトピーっ子はきっとたくさんいます。
 それらしい子供を見つけたら、勇気を出して親に「うちの子、アトピーなの」と、話しかけてみては?
 相手もつらい気持ちを抱えていたら、すぐ話が弾みますよ。



 もしくは

 ただ黙って話を聞いてくれる人に話して、胸のつかえをおろしましょう

 
 つまらない誤解から、大事な人たちとの関係を壊してしまわないよう、友達や親戚との関係には、 どうぞ心を砕いてみてください。

 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


「卵と牛乳なし!アトピーっ子にうれしい野菜たっぷり料理」メルマガで、アトピーっ子向けのレシピや献立の立て方をご紹介しています。詳しくは、こちらのバナーからどうぞ。


[猫] よいこがベルメゾン?
ご縁があって、ご紹介しています。肌へのやさしさメンテナンスについても載せてゆきますので、よろしければお立ち寄りくださいね

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック