秋冬も、洗濯槽のカビに要注意!アレルギーの原因にもなりますよ。

 気温が下がってくると、湿気が抜けにくいところにカビが生えやすくなってきます。

 それは、洗濯機の内部も同様です。

洗濯後に乾燥まで全自動で済ませるタイプの洗濯機の場合は、洗濯機内も、残された洗濯物も乾燥しているので問題ありません。

 でも、単に洗うだけで取り出すというご家庭では、気をつけてくださいね。

 

 実は、カビもアレルギー悪化の一因と言われています。


 フタをして密閉状態になる洗濯機の場合は特に、洗濯物の湿り気で湿度が高い上に、脱水層の裏側に石けんカスが残っていることも多いから、カビが繁殖しやすくなります。

 そこで、簡単にできる日々の工夫として、

 洗濯が終わったら、できるだけ早く洗濯物を取り出す。

 洗濯後は、洗濯機のフタを開けたままにして、庫内を乾燥させる。

 洗濯後には、毎回ゴミ取りネットを掃除してキレイにする


 などを心がけてみてくださいね。  

 また

 洗濯物に黒い汚れがついたり、ゴミ取り用のネットに黒いものが混じる場合は、相当な量の黒かびが、洗濯槽の裏に繁殖していそうです。

 その場合は、面倒でも一度 専用製品で、庫内を掃除してみてね。

 たとえば、太陽油脂から出ている安全性の高いクリーナー左斜め下でまずは庫内をお掃除。

 

 カビや石鹸カスなどが除去出来た後は、先ほど書いたように、洗濯後に庫内を乾燥させるよう、ふたを開けて普段は管理しましょう。  これだけでかなり違いますよ

 さらにこちらの賢い洗濯ノススメという製品などを、洗濯槽に入れておくことで、水質を高めれば、お洗濯も楽になるし、洗濯槽のヌメリもでなくなりますよ。

   
 次項有水洗い洗濯も出来るので、前の記事を読んでみてね。

 洗剤に除菌剤が入っているものもアリエーるですが、

モチロン ダッシュ(走り出すさま) 漂白剤入りの合成洗剤は、アトピーっ子や敏感肌さんにはマイナスです。


 洗剤はできるだけ肌に優しいものを選び、洗濯機の乾燥はしっかりしてお掃除を楽に あせあせ(飛び散る汗) 
         これで決まり!

気温が高い夏だけでなく、秋冬もカビに気をつけながらお洗濯してくださいね。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


「賢い洗濯ノススメ」洗濯槽の裏の水垢がキレイになると共に、においが取れる商品で一番人気です。初めて使うときには、衣類を入れずに回して、水垢だけをとるほうが良いですよ。「クリーンパワースーパー洗濯専花 」も「エコサターン」も、セラミックポールで水の分子を細かくする商品です。右の信頼の自然派ブランドパックスが販売している洗濯槽のクリーナーは、多くの方に支持されているベストセラーです。どれも一品から送料無料で購入できますよ。


 コスパが良くて、よく落ちる、ドイツ生まれの緑の魔女は一押しです。

 猫 アトピーっ子におすすめの商品へは、こちらから

ベルメゾンネット
ベルメゾンと敏感肌アイテムのレビューしています

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック