アトピーっ子と楽しむ七五三、千歳飴という乳製品にも気をつけて!

 初めて迎える七五三では、思いがけないトラブルも起こるものです。

 最後に、あっしまった・・・と思ったのが、ちとせあめでした。

 

 これは地域性もあり、必ずしも手にするわけではないのですが、七五三をお祝いする記念品の千歳飴をいただく機会があるかもしれないので、ちょっと載せておきますね。

 写真館で撮影したり、神社でご祈祷してもらったときに、この千歳あめを袋入りで記念品としていただくことがあります。

 何気なくもらって中を見たら、ミルク味のバーでした。

 乳製品のアレルギーなのに、どうしよう ふらふら

案の定、子供は袋をもらった時から、ウキウキ 黒ハート

これは食べられないのよというと、ちょっとだけとせがまれて困りました。

 たまたまミルク味だったのかなあ?・・・と気になって、先ほどネットで調べてみたら、やはりミルクやイチゴミルク味が人気のようです。

 またそうでないものも、人工の着色料であでやかな色になっているようですね。 


  
 
 そこで、

 厳密な食事制限をしている場合は、事前に問い合わせしておき、当日いただくことになっている場合は、ミルク以外ができないか尋ねてみてはどうでしょうか。

 ダメな場合は、辞退するか、こっそり中身を入れ替えて渡すというのもありだと思います。

 なにせ、子供は千歳飴というものが何か知らないのですから、減っちゃらです。

 代わりにぺろぺろキャンディーが入っていようが、少しも驚かないわけです。

 でも、自分にもらったものを、ママが取り上げたと思うとつらい もうやだ〜(悲しい顔)

そこだけですので、心当たりがある方は、事前に千歳あめ対策のミッションを遂行なさってみてね。

 子供の成長を願うイベントは、いつもと違う事態がいろいろ起こるから、トラブルもよくあります。

 賢く避けて、楽しい七五三をお祝いなさってくださいね。

 
 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。



ベルメゾンネット

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック