あったか衣類は、綿製品がおすすめ♪ベルメゾンのホットコットは綿使用で肌に優しい

 秋冬になると、あったかい発熱素材の肌着CMが増えてきますが、その大半は、化学繊維素材の商品です。

 たとえば、これがユニクロのヒートテックなのですが、アクリルやポリエステル、レーヨンなど、成分はどれも化学繊維です。

 IMGP9312.JPG

 私、これダメでしたねーー ふらふら

 私の場合、子供の頃から肌が敏感で、ニットはちくちくして苦手だし、金糸が織り込まれてちょっと華やかなブラウスもやっぱりチクチク

 レーヨンやポリエステル素材では、肌にフタをされているような違和感があって、やっぱり着たくありません。

 大人の私が未だにこうなのですから、肌が敏感な幼い子や、アトピーで肌に湿疹や傷があるお子さんは、より不快にかんじるのではないかと思います。

 そこで、冬もアトピーっ子には綿素材がおすすめ 黒ハート

 もっとあったかな素材の肌着をお探しなら、綿の混紡や綿100%の発熱素材を販売しているベルメゾンホットコット押しです わーい(嬉しい顔)

 これなんですが、下着類にもプリント物が出ていて、えりぐりが深くてインナー仕様のものも、そのままアウターとして着ることもできるから、着膨れしたくない女性にもおすすめですよ。

 IMG_1079.JPG
 手ざわりは柔らかくて薄く、混紡の商品も綿みたいな肌触りです。

 ちなみに混紡タイプは、こんな素材で出来ています。

 IMGP9329.JPG

 私は、去年から試しているのですが、綿の肌触りなので、あったかいけど肌が楽です。

 子供からレディース、メンズのインナーやアウターにホットコット素材がいろいろ使われているから、かなりバリエーションがあります。

 

 発熱素材なんだけど、綿混肌触りが良くて、蒸れにくいのが人気の秘密みたいです。

 すごく生地が薄いので、これであったかいのかなぁ?・・・と思ったのですが

 化学繊維 100%の発熱素材タイプより、1.7度もあったかいんですって 目

 今年は、綿100%のホットコットも出て、あったかいけど、綿の製品が増えていくのは、敏感肌さんには嬉しいことです。

 ホットコットは、まとめ買いで最大10%オフになるので、家族とのまとめ買いがお得ですよ 手(チョキ)

 綿100%タイプはややお値段が高くなり、まとめ割引はないようです。

 詳しくはこちらで見てね。

 ベルメゾンネット


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック