光熱費は安く上げたいけど、災害に備えて、電気とガスの両方を使いたい

 一時期、テレビをつけるたびに、何度もオール電化住宅のCMを見たように思いますが、原発が止まって節電モードとなったからか、あまり耳にしなくなりましたね。

 ちなみに、我が家はプロパンガスと電気の両方を使っています。

 以前はよく、「オール電化にしませんか?」の電話がかかって来ましたが、当時も迷うことなくお断りしていました。

 ひとつには、子供や妊婦さんの体に影響を与えるといわれる電磁波がどうも気になるからです。

 やっぱり体に悪かった・・・なんてわかる頃には、もう手遅れだから使いたくないですダッシュ(走り出すさま)   アトピーのことでいろいろあり、懲りました

 もちろん あせあせ(飛び散る汗)

 「災害時には熱源がいろいろあった方が便利だろう」と言う考えもあってのことです。

 都市ガスのほうが料金はお安いのですが、ガス管をすべて点検してからの再開になるので、復興までにかかる時間は、長ーーーくなります。


 以下、うちのガス会社に問い合わせて聞いた話なのですが



 満月LPガス使用で、地震などで災害が起こった場合には、


 家庭につながっているガスの管が破損していなければ利用出来ます。ゆれを感知すると、器具が自動で元栓をシャットアウトして安全を図るそうです。

 また、災害時にも台所のコンロは、電気を一切使用していないため、いつでも利用可能です。

 電気の送電が途切れている場合は、電気湯沸かし器も動かず、入浴も不便ですが、ガスさえ生きていれば、沸かした湯を利用してお風呂を使えます。(ただし、水道が使えれば・・・ふらふら )

でも、もうオール電化だよ・・・というご家庭では、カセットコンロの用意があると良いですね

 

ただし、プロパンのボンベなら、一本あたり 約 50日使用出来て、最大 3ヶ月くらい 利用出来ますが、カセットボンベは、すぐなくなってしまいそうですふらふら

 ガスや電気などの熱源は、新築時に決めたら、後からは変更しにくい物なので、これから建てるという方は一度 考えてみてくださいね。

 光熱費は住む人の節約意識によって、高く安くもなりますので、ガスと電気は上手に使い分けられるといいですね。


 ちなみに、カセットボンベではなく、七輪を非常用に選ぶ方もいらっしゃるようです。

 確かに、野外で煮炊き出来るなら、燃やすものや炭さえあれば長く使える七輪という選択もいいかも。

 モチロンダッシュ(走り出すさま)

 普段から、キャンプや野外での焼肉などで利用できますよね



るんるん 他にも、災害時ニニ備えて、用意したい物あれこれ
http://yoikomap.client.jp/saigai.htm

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック