制限のあるアトピーっ子、お盆の帰省では、じじばばとの駆け引きが難しいね

 お盆休みを利用して、ご実家に帰省されたご家族も多いと思います。

 a0002_003210.jpg

 食べ物に制限がある状態で帰省された場合は、本当に食べ物に気を使いますよね。

 孫の帰省を心待ちにしていたじじ・ばばが、子供の喜ぶ顔が見たくて用意したお料理やお菓子、果物の数々に、顔が思わずひきつったというママもいらっしやるかも。

 子供というのは、妙に悪知恵が働くところがあり、いつもなら

 食べちゃダメ あせあせ(飛び散る汗)

 としかるママが、今日は妙に優しいぞ 目

 ・・と空気を読んで、

 食べたい。食べたいダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)とダダをこねれば、


 まぁまぁ、少しくらいいいじゃないか


 と、定番の合いの手がじじばばから出て、いつものように厳しく言えずに、結局 少し食べさせてしまった。 なんて

 あるよねーー 

 a0001_013720.jpg

 本当に食べられない場合は、少し食べてもやっぱりダメで、ぐったりしたり、吐いたりして、あわてて救急車を呼ぶような怖い事故につながるから、食べさせるのは、少しでも怖い怖い


 けれど、

 そのときはケロッとしていて、その日の晩や翌日以降で、湿疹が増えた

 なんて時は、以前は絶対食べられなかったものが、いつの間にか、少しは食べられるようになったのかも

 。。。と考えて、制限解除のきっかけになったことも、私にはありました。

 それでも

 お盆は病院がお休みだから、専門医さんもいないので、お試しで食べさせるには、あまりに怖い時期ですよ たらーっ(汗)

 どうぞ、実家ですすめられても、食べなれていないものは断るよう心がけてくださいね。

 でも

 それをやると、子供に厳しい鬼嫁みたいに思われるかもと思うと、つらいのよね。もうやだ〜(悲しい顔)

 私、そんなときには、こんな話をよくしていました。

 
 食べられないと聞くとご心配かと思いますが、2~3才すぎたら食べられる子が多いので、今だけです。どうぞご心配なく。

 卵や牛乳は食べられないのですが、その代わりに豆や魚のような食材から栄養もしっかり摂っていますし、おかずもおやつも、できるだけ手作りして、安心安全な食べ物を食べられるよう工夫しています。

 何でも食べられても、外食やインスタントばかりが多いご家庭より、粗食だけど健康的な食事なので、ご安心ください。・・・云々



 今だったら、中国産の冷凍食品の話題を振ると、納得してもらえるかもしれませんね。

 二年もたてば、嫁としての立場も強くなるから、ここはとりあえず、はったりでもいいから、ちゃんと食べさせているよのアピールを ダッシュ(走り出すさま)

 子供にアナフィラキシーの事故を起こさせないために、しっかり駆け引きがんばってくださいね。

 a0002_002442.jpg
 
 また、

 夜店などでの飲食も、事故につながりやすいので、制限が多い時期には、ほかの家庭に合わそうとして、無理して出かけないでくださいね。

 どうぞ良い休日を 揺れるハート

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

arau.ブランドは、敏感肌さんにおすすめな洗剤ブランドのひとつですよ。


ベビー用洗剤や通常の液体洗剤二種類です。一回目は本体を購入し、二回目以降は、右二つのような、詰め替え用を買うとお得ですよ。

 
 左より、歯磨き、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーですが、歯磨き以外は、詰め替えのリフィルがあり、さらに100円ほどお得になります。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック