昔ながらの素朴なおやつ「はったい粉」は、アトピーっ子のおやつにぴったり♪

 昔からある食材の中には、簡単に作れて、アトピーっ子のおやつにもぴったりなおやつになるものがあるのでご紹介しますね。

 そのひとつが、こちら 左斜め下

 IMG_02916 (4).JPG

  はったい粉です。 

 地域によっては、麦こがしとか、こうせんとも呼ばれます。

 原材料は、裸麦などで、国産の商品が手ごろな値段で売られており、スーパーでも普通に買えますよ。

 きな粉のように、炒って粉にしてある食材なので、そのままでも食べられるし、お湯で溶くだけの手間でとってもおいしく食べられます。 

 でも、そんな便利な食材がせっかく販売されていても、その気になって探してみないと、気が付かないのも確かです。

 では、さっそく食べ方をご紹介しますね。

  IMG_02916 (1).JPG

 まずは、一人分に 砂糖を小さじ 1くらいと、塩ひとつまみを加えます。

 IMG_02916 (1)).jpg

 ここに、沸騰させたお湯を少しずつ注ぎます。

IMG_02916 (2).JPG

 すると、

 ふわっ

 と、香ばしい香りが漂ってきます

 IMG_02916 (3).JPG

 しっかり混ぜながら、固さはお好みで

 IMG_02916 (3).JPG

 私は結構固めが好きでしたが、妹は、スプーンでやっとすくえる トロトロのやわらかいのが好きでした。

  IMG_02916 (5).JPG

 はいっ、もう出来上がり~~ ぴかぴか(新しい)

 スプーンですくって、召し上がれ 黒ハート

 はったい粉は穀類ですから、赤ちゃんには薄めに溶いて、離乳食にすることが出来ます。

 常温で保存出来るし、お湯で溶くだけで すぐ食べられるから、おやつの買い置きがないときにも便利ですよ。

 IMG_02916 (4).JPG


 ではここで、ちょっと手を加えて、おやつらしくしてみましょう わーい(嬉しい顔)

 二~三人分の50gに、砂糖を大さじ1くらいと、塩を一つまみいれ

 今回は、お湯を少しずつ加えて、固めに練って団子にします。

 これに、きな粉をまぶして出来上がり~~~黒ハート


  IMG_0371.JPG
 
 きな粉を加えると、麦類+豆の栄養で、さらに栄養価がUPします ぴかぴか(新しい)

 
 IMG_0372.JPG

 素朴で栄養価の高い昔のおやつをぜひお試しあれ。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック