干せないふとんの下には、湿気吸収マット!ふとんのカビには要注意です。

 日当たりが悪い、風通しが悪い、共働きでいつも窓は閉めたまま、湿気が多い場所に住宅がある。。。など、お住まいの条件によっては、カビが発生しやすい環境のお宅もあると思います。

 カビを見つけると、ギャッと、あわてますが、実は目に付きにくい部屋の隅や家具の裏に、カビが繁殖していることも多いんですよ。

 カビの胞子が、空気中に漂って、知らぬ間に吸い込み、やがてカビにアレルギーを起こせば、喘息やアレルギー性鼻炎などの原因になることも ふらふら

 そこで、

 以前から書いていますように、まずは、短時間でもよいので窓を開けて換気し、日光を部屋に通すことを心がけてくださいね。  ー(長音記号2)雨の日の換気について以前載せました

 
 

さらに あせあせ(飛び散る汗) 

 室内の湿度を減らす工夫に加え、布団の湿度管理も大切です。

 湿度が貯まって、カビが綿の中に発生すれば、寝ている時に、ずっとカビの胞子を吸い込むことになり、とても不健康だからです。

 まずは、干したり、乾燥機にかけたりをおすすめしますが、なかなかそれが忙しくて出来ない場合は、湿気吸収のマットをふとんの下に敷くのもいいかも。

 例えば、これですが バッド(下向き矢印)

 0-127 (2).JPG

 折りたためる消臭機能付き強力除湿マットです。

 外に干せないご家庭でも使えるよう、立てて室内で干すことも可能な除湿マットと言うところが、ミソです。

 高吸水・吸湿繊維「エクオス(R)」を使用した肉厚な除湿マットだから、機能もしっかり 手(チョキ) 

 0-127 (4).JPG
 湿気お知らせセンサーも付いていますけどが、一番湿気るのは背中が乗っかる部分ですので、正確な湿気は計れないかも。

 センサーに関係なく、時間のあるときには、ふとんから少し離しておくといいと思います。

 特に ダッシュ(走り出すさま)

 フローリングに直接ふとんを敷く場合は、湿気の逃げ場がないので、床まで傷んでしまうから気をつけて。

 除湿マットは、ふとんだけでなく、フローリングも保護する役目を果たしてくれますよ。

 子供は寝ている時間も長いので、ふとんをしっかりケアして、健康的な寝具でカビを予防してくださいね あせあせ(飛び散る汗)

 
 折りたためる消臭機能付き強力除湿マットです。ハーフサイズが¥5,084~です。
折りたたんで、調湿シートとして、押入れに片付けても利用できるから、なかなかの優れものです。

 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

 猫除湿マットでは、テイジンのベルオアシスも人気のブランドです。アマゾンなら、一品から送料無料ですよ。

 

 

 これは、ウォッシャブルなUVカット・遮像・遮熱レースカーテン・2枚です。
UVカットはフローリングの傷みを防ぎ、冷暖房の節約効果も期待できますよ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック