冬は、肌の乾燥でも、かゆいかゆい!電気器具による暖房での、超乾燥に要注意

 エアコンやオイルヒーター、電気カーペットのような、電気系の暖房器具は、幼い子のいるご家庭に安心でいいですよね。

 でも、

 一つだけ気にかけておきたいことがあります。

 それが、室内の乾燥です。



 最近、機密性がよいお家が増えきたので、必要以上にお部屋が乾燥し、人の皮膚も知らぬ間に乾いてしまう例が増えています。

 お肌が乾くとカユミにつながりやすいし、

 カサカサになって、肌のバリア機能が落ち、湿疹が悪化しやすくなります。

 さらに

 かきむしって肌のバリアが壊れれば、アトピーの湿疹も治りにくくなってしまう悪循環が始まります。

 そこで、お子さんと過ごす部屋、特にリビングに、まずは湿度計を置いてみてください。

 デジタルが便利です

 なにげなく見てみたら、40%以下だったというご家庭もきっと多いと思いますよ。

 50~60%ほどの湿度があるお部屋が、お肌のためには快適ですし

 ある程度 湿度がないと、喉の気管も渇いて、風邪やインフルエンザにもかかりやすくなるから、

 保湿はとっても大切です。 

 こまめに湿度をチェックして、乾きすぎているというのがわかったら、室内に濡れたタオルを干すなどして、湿度を補いましょう

 もちろん

 簡単なのは、加湿器を利用することだと思います。

 今は、プラズマクラスターのように、加湿も空気清浄も出来る機種があるから、便利です。

    

 我が家のはもう少し古い機種ですが、車中(右)とリビングで使っています。
 
 また、室内の乾燥は、お子さんのほっぺでもわかりやすいです。

 普段は柔らかなほっぺが、何となくカサカサしてきたら、保湿のサインです。

 冬の乾燥は、湿度計とほっぺに注目してくださいね。

 
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 車の中は花粉が持ち込まれやすいし、案外 ほこりっぽいので、空気清浄機オススメです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック