食事制限が過ぎると、アレルギーの悪化や栄養障害を招くこともあるから気を付けて

 ヤフーニュースに、「<食物アレルギー>子供の過剰制限は逆効果 栄養障害誘因も」のタイトルで、食物アレルギーを気にして、過剰に制限をした結果、アレルギーの悪化や栄養障害を起こす事例が出ていると言う話が載せられていました

 猫詳しくは、こちらから読んでね
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000011-mai-sctch
 

 でもこれ、最近わかったかのように書かれているけれど、食物アレルギーの制限が治療として注目を浴びていた頃にも、散々言われていたことなんですよ。

 なんで、こんなことを今さら

 ・・・と、私などは思うのですが、

 以前なら、医師の指導の下に、栄養士も見てくれる中で食事制限していたママが多かったのに、今は、そんな指導をしてくれる医師が少なくなって、自己流でやってしまうから、社会問題になっているのかも?

 と思い直しました。

 自己流の゛どこが怖いかと言うと例えば、こんな感じです。

 ato9121.jpg ダブルクリックで大きくなります。

 これは決して特殊な話ではなく、アトピーや栄養についての知識が中途半端なまま、子供のために良かれの愛情から、これに似たケースで育児が行われてしまう場合って、普通にあると思います。

 湿疹が出る=食べ物のせい

 でも、

 湿疹が出る=ダニやほこり

 ばかりではないんだけど、症状が良くならないからと、食事制限がだんだんと加熱してしまうのは、怖いですよ。

 自己流の食事制限には要注意です。

 ちなみに、私が提案している制限があるアトピーっ子向けの食べ方は、和食で野菜が多い料理です 黒ハート

 食べられないからと、減らすばかりじゃダメ どんっ(衝撃)

 減らしたぶんだけ、足さなきゃ ダッシュ(走り出すさま)

 別の食素材で栄養を補えば、アトピーが良くなるだけでなく、子供が丈夫になれますよ。

 日本古来からの食べ方には、アトピーっ子を良くするためのヒントがたくさん隠れていると思います。

 アトピークッキングについては、以前、こちらでご紹介しています。
 http://sweetbaby.blog.so-net.ne.jp/2009-05-14

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。
満月 こんな記事も載せました 
 「みんなの肌潤糖」で、しつこい かゆみや手荒れがきれいに♪

 薬への依存というな悪循環を断ち切るために、こんな商品を試しました。体への影響を心配せずに改善できて、うちの子には合っていたなと思います。

肌潤糖 よいこがベルメゾン? ・粉類 ・めん類 ・制限食対応の調味料





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック