寝苦しいとかゆくなるアトピーっ子に、冷たい竹マットがオススメです

 店頭にクール素材のマットがいろいろ出ていますが、肌が弱い子や大人は、特殊素材商品とは相性が悪いことも多いです。

 私もいろいろ試してみたのですが、とどのつまり、肌にも快適で涼しかったのは昔ながらの天然素材でした 黒ハート

 特に、籐や竹を使ったマットは、直接素肌が当たっても、肌触りがやさしく、しかも、ひんやり。クーラーが聞いた部屋で使えば、冷たくていい気持ちですよ。

 もちろん あせあせ(飛び散る汗) 自然素材なので、安心して使えますね。

 最近気に入っているのが、こんなシーツです。

 永光 涼み 竹シーツ

 竹の間を、強力なビニールひもでつないであります。これをふとんの上に乗せて使います。

 竹そのものに厚みがあるから、いつもひんやりとした肌触りです。

 購入してすぐは、竹を加工した際の薬品臭や包装のビニール臭が残る場合があるので、化学物質NGのアトピーっ子ですから、すぐに使わず、風通しが良い日陰にしばらく置いてくださいね。

 そして、使う前には、固く絞った雑巾でしっかり拭くのをお忘れなくあせあせ(飛び散る汗)

 肌にほこりや薬品がつかないよう、念のために拭いてから使うと安心です。

 使ってみて不便なのが、重いこと、そして、寝相が悪い人は、枕から頭が落ち、髪の毛が引っかかることです。

 そこで、軽いものがよい方は、平たくそいだ竹を使ったこちらのようなタイプがおすすめ。

 


 子供は体温も高いので、寝たと思ったのに、寝汗をかいたらまたかゆくなり、目が覚める もうやだ〜(悲しい顔)

 そしたらまた、かゆくなって眠れなくなり、かきむしる。。。こんな悪循環を、我が家もかつて繰り返しました。

 アトピーっ子には、綿100%の平織りシーツが肌に優しいのは確かなのですが、竹に変えて、より涼しく眠れるのなら、それもいいんじゃないでしょうか。


 左が平織りシーツです。すぐ取り外せて、簡単に架け替えられて便利です。オーガニックなら、よりよいと思います。真ん中が、竹のシーツです。重いけど、涼しいのはぴか一ですよ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック