気をつけて!夏にかけては、洗濯機にカビが生えやすい時期です。

 梅雨の時期は、気温が高く、湿度が高くて、カビの発生しやすい条件がそろいます。

 室内の換気や除湿に気をつかっていらっしゃる方も多いと思うのですが、もう一箇所気にしてほしい場所があります。

 それが、洗濯物を入れっぱなしたままの洗濯機の中です

 洗濯機内は、年中湿度が高くて、カビが発生しやすい状態にあるから、気をつけて

 もちろん、洗濯後に乾燥まで行うなら問題は起こりません わーい(嬉しい顔)

 でも、洗うところまで全自動行う場合には、洗い終わっていつまでもおいておくことで、非常に湿度が高く、雑菌やカビが生えやすい室内を作ってしまうことになります。

 しかも、これからは室温も高いので、気温が高く、湿度が高くの条件がそろい、しかも、洗濯機裏に、洗剤のすすぎ残りカスがあれば、カビの大繁殖する条件が全て出揃ってしまうことになります。

 これは、大変! がく〜(落胆した顔)

 庫内で発生したカビ菌が衣類に付着たり、さらには、野外で干すことが出来なくて、紫外線での殺菌がきちんと出来ていない場合は、余計にカビ菌の影響は大きく、アトピーっ子の肌にはマイナスです。

  そこで!
 

 ・洗濯物は、洗い終わったら、できるだけ速やかに取り出すよう心がけませんか


 夜お洗濯する場合も、とりあえず寝る前に洗濯機内から出しておきましょう。

 そのまま干せば、さらに良いのですが、室内干しの場合は、室内の湿度が上がる原因にもなるので、これは良し悪しかもしれませんね。


 ・洗濯機のフタは開けて、中をいつも乾燥させる


 右斜め上フタを開けておくだけで、かなり違うので、ぜひお試しください。

かわいい ここまでのお洗濯についての記事のおさらいです。

満月 軟膏の油汚れを楽にするために、消臭のために重曹も併用した洗濯はどうかしら。
http://yoikomap.seesaa.net/article/152969943.html

満月 通常の合成洗剤では、夏場は特に、かゆくなりやすいので、アレルギー的にはNGです。http://yoikomap.seesaa.net/article/152874275.html

満月 粉石けんを使うなら、風呂湯などを使ったこんなやり方をお試しください
http://yoikomap.seesaa.net/article/153284288.html


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。




生分解する洗剤 海へ・・・ 詰替用 450ml
生分解する洗剤 海へ・・・ 詰替用 450ml
その他環境洗剤(エコ洗剤) 衣類用はこちら緑の魔女 ランドリー用 5kg
緑の魔女 ランドリー用 5kg
その他大容量特集はこちら



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック