制限があるアトピーっ子は、夏祭りでアナフィラキシーに注意!

 夏祭りの季節ですね。

 今でこそ、出店に気軽に立ち寄り、好きな食べ物を買って祭りを楽しむことが出来るようになりましたが、アトピーで食べるものに制限があった頃は、本当に散々な経験をたくさんしてきました。

 かき氷は合成着色料を使ってあるからダメ あせあせ(飛び散る汗)

 アイスクリームには生卵が使われているからダメ あせあせ(飛び散る汗)

 おでんは卵も一緒に煮てあるからダメ あせあせ(飛び散る汗)

 もう、

 ダメダメダメダメ~~~~ ダッシュ(走り出すさま)

 って感じで、子供が欲しがるものをほとんど買ってやれませんでした。

 結局できたのは、金魚すくいくらい もうやだ〜(悲しい顔)

 IMGP9783.JPG

 子供はダメと言われて続けて、どんどん機嫌が悪くなってゆきましたし、私自身も、子供になにもしてあげられないダメな親なんだと、自分を責めて落ち込みました。

 でも

 「まぁ、こんな時くらいいいか」

 「少しくらいいいか」

 と考えて、本来は食べられないものをうっかり食べさせて、大きなアナフィラキシーショックを起こしては、それこそだめあせあせ(飛び散る汗)

 もう、大変な事態になります。

 夜は救急だけしか開いていないので、搬送先に専門医がおらず、急激なアナフィラキシーを起こせば、手遅れになってしまうお子さんもいるから、怖い怖いがく〜(落胆した顔)

 だからどんなときでも、

 ダメなものはダメ!

 と、きちんと言い聞かせることは大切だと思います。

 いろいろ経験して分かったこと、それは、

 アトピーで食事制限が厳しいときは、食べ物が絡むイベントには食べ物持参で参加するか、行かない

 に限る ダッシュ(走り出すさま)

 ということ。

 その子に体調を考えながら、その子に合わせた夏祭りの楽しみ方を工夫してみてくださいね。

 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。




 娘のニキビと唇のあれに試してみました。うちの子には確かに良かったので、おすすめします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック