知らない間に、アレルゲン!生和菓子にも卵が入っているかも

 生和菓子をおみやげにいただきました~ ぴかぴか(新しい)大福系は、大好き、大好き 揺れるハート

 IMGP9643.JPG

 赤福ならぬ桃福です 

 これは初めてなので、とっても楽しみ~ わーい(嬉しい顔)

 IMGP9644.JPG

 あれれ、ちょっとお行儀悪い開け方だけど、まずは、こんにちわ~ あせあせ(飛び散る汗)

 切り分けてみたら、中身はこんな感じです

 IMGP9647.JPG

 白花豆などで作った白あんをコニニールで着色してピンクに。

 あんの中には白桃の甘煮が入っていて、それを 生菓子のお約束の求肥(ぎゅぅひ)でくるんでいます。

 見た目もきれいだし、おいしそう~ 揺れるハート


 いただきま~~~す    パクッ、ペロリ


 食べた後で改めて裏のラベルを見ました

 IMGP9645.JPG

 すると、卵白と表示がされています。

 求肥は米粉や砂糖、水あめなんかで作りますし、桃の甘煮も白あんも卵白を使わなくても作れます。

 一般的には、卵や牛乳のアレルギーがあっても、問題なく食べられることが多い大福系の和菓子ですが、時々こんな風に、生地を柔らかくしたり、つなぎに使うために卵や牛乳を使うことがあります。

 だから

 食べ物での制限が厳密でないといけないお子さんの場合は、ご自宅でいただいたお土産はもちろんのこと、出先で出される和菓子なども、まぁ大丈夫と勝手に考えず、食べる前には ちょっとチェックしてみるのがいいと思いますよ。

 卵は食べさせていないのに、なぜか血液検査で反応がひどくなっているという場合は、こんなささいなことも原因の一つなのかもしれまんせん。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 2011年クリスマスブーツ お菓子詰合せ
2011年クリスマスブーツ お菓子詰合せ
その他アレルゲン除去食品はこちら
 クリスマス用にアレルギー対応のお菓子セットも出ています。

 かわいい 食物アレルギーがあっても食べられるお菓子(除去食・代替食) 選りすぐり商品は、こちらへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック