葉酸の摂りすぎは、胎児のアレルギーの一員になることも

 女性に人気のサプリの一つに葉酸がありますが、厚生労働省からも、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間に、通常の食事以外に、1日400マイクロ・グラム摂取するよう推奨しています。

 ところが、

 葉酸を摂取する時期と量が適切でないと、逆に、妊婦自身が発熱やじんましんなどを起こしたり、生まれた子どもがぜんそくになったりするリスクあるということが、研究者の間で報告されているそうですよ。

 というのも、葉酸はサプリメントで摂取している方が多いそうですが、アンケート調査によって、回答者の9割は妊娠4か月以降も葉酸サプリメントを利用する妊婦が多いと言うことがわかってきました。

 葉酸を多めにとって胎児によい効果が得られるのは、3カ月まで ダッシュ(走り出すさま)

 その後は、食事などで普通に摂るのが望ましいそうです

 過剰に取るとお母さんと赤ちゃんの健康を害したり、アレルギーのきっかけになることもあるから、どうぞお気をつけて あせあせ(飛び散る汗)

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

 
葉酸活力タブレット ヨーグルト味 3粒*48袋
葉酸活力タブレット ヨーグルト味 3粒*48袋
その他葉酸はこちら
]]むむおなか活力タブレット 3粒*48袋
おなか活力タブレット 3粒*48袋
その他おなかの調子を整えるはこちら
]]むむおんな活力パウダー アップル味 1.5g*48袋
おんな活力パウダー アップル味 1.5g*48袋
その他鉄分はこちら
 明治乳業のタブレットシリーズは、甘酸っぱいヨーグルト風味。サプリメントだということを忘れてしまうほど、どれもとてもおいしいです。おなか活力タブレットは、以前 続けて試したことがあるのですが、確かに腸内環境の改善に良く、おすすめです。

left_announce_postageinfo.gifケンコーコム - 健康メガショップ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック