あせもや湿疹におすすめ♪サンカットしながらの海水浴です

 今日も暑かったので、私はとうとう、喉の下が汗でかぶれて痛がゆくなってしまいました。

 うちの子も汗がたまりやすい ひじやひざの内側が最近かゆいみたいなので、

 じゃあ行くか!

 ・・・で、湯治ならぬ海水浴にゆき、しっかり海で泳ぎ・・・もとい・・・海にしっかり浸かってきましたよ ~~~ぴかぴか(新しい)

 アトピーの湿疹や赤ちゃんに多いあせもにいいですよぉ~、ダッシュ(走り出すさま)

 子供たちがまだ幼かったころは湿疹もよく出ていたので、夏場に頻繁に海水浴に行っては、海水療法をしておりました。

 とは言っても自己流なのですが、我が家のやり方を少しご紹介すると、まず、日射しが強くない時間を選んで、海岸にゆきます。

 日射しが一番強いのは、10~2時頃なので、特に、午後3時頃から日暮れまでがおすすめです。

 皮膚が弱い赤ちゃんや幼児は、肩や背中を急激に焼きすぎてはいけませんので、太陽の光が直角に当たって刺激が強くなる首から肩を日にさらさないようTシャツを着せ、つばの広い帽子をかぶらせた上で海に入ります。

 泳ぎを学ぶのが目的ではないため、子供を浮き輪に入れたら、後は ひたすら海に浮かんでいるだけ。

 でも

 もちろん、そのままではすぐ子供が飽きちゃうので、プカプカ親子で海に浮かびながら、いろいろお話を楽しみます。

 その時に、水に浸せない首まわり(← ここも結構 湿疹で赤くなりやすいですね)に、服の上から海水を手でくんで時々かけるといいですよ。

 出来るだけ長く海水に浸してやり、海から一度出ても、すぐシャワーの真水で洗ったりせず、海水が付いた状態で海岸で遊ばせ、また仕切りなおしで海に入る・・・を繰り返します。

 ちなみに

 アトピーっ子は、日光の刺激にも弱いから、海岸で遊んでいる時も、焼きすぎないよう、パラソルの下や日陰を選んで上手に遊ばせてあげて下さいね。

 海水にたっぷりつかって、最後にシャワーで流して帰ったら、その日は お肌ツルン 黒ハート

 前述の私の喉のあせもも たった数時間の海水浴で、今はすっかりきれいになっています。

 でも、はぁ~~~、疲れた ふらふら 

 今日はぐっすり眠れそうです。手(チョキ)

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

  
 アトピーっ子のお肌は敏感だから、肌に優しい日焼け止めをぜひ使ってあげてくださいね。ニベアやビオレなどから安く出ていますが、より肌にやさしくて、ベビーに定番の人気商品なら、左二つです。こちら グッド(上向き矢印)パックスの場合は、定期便にすると、さらに10%安くなります
また、敏感肌の大人の方には、キュレルや2E(ドウ-エ)も人気ですよ。2E(ドウ-エ)は皮膚科で紹介される商品で、大変に敏感な方におすすめです。ちなみに、どれも一個から送料無料で注文できますよ。


 肌が弱いアトピーっ子にとって、日焼けは肌の水ぶくれも引き起こしやすいから、肩や首元をカバーできるラッシュガードがおすすめです。赤ちゃんはTシャツを着るだけでもずいぶんと違いますよ。

  
 大人の方は、もちろんシミ予防に紫外線カットが常識になってきましたね。海の場合、くらげなどから身を守るためにも、長袖がいいと思います。

 猫 通販のベルメゾンのラッシュガード商品を、こちらでご紹介しています。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック